サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

マクネアーGM大いに語る

どもども。今日はスーパーボウルの日なので、NBAも時間が重ならないように、早めの試合開始になってましたね。いずれも東海岸の昼過ぎの試合です。

ハリバートンペイサーズはウルブズに120-129で敗戦。ハリバートンは22得点、16アシストなダボダボー。期待通りの活躍。

ヒールドは3p1/13と平常運転でした。ペイサーズのファンもヒールドの安定感のなさにはイライラさせられるんだろうなぁ。

 

昨日の試合前に、マクネアーGMが会見を開き、トレードの総括をしました。

およそ20分の会見でしたが、キングスのYouTubeで全部見られますので、興味ある方はご覧ください。

ざっくりですが、その会見内容を要約しました。英語力がないので、本当にざっくりです。参考程度、ニュアンスを感じ取っていただけたらと思います。

ではどうぞ。

 

Q,新加入選手の特徴は?

サボニスは、25歳でありながら、2度のオールスター出場、信じられないスキルセット、汎用性のあるパス能力、リバウンド能力がある。

ホリデーは、ベテランのウイング、優勝経験もあり、その経験をチームにもたらしてほしい。

ラムーは万能型で、サイズもあるので、オフェンス、ディフェンス両方で活躍できると思う。

ディビンチェンゾは、運動能力が高く、攻守に汎用性が高く、優勝経験もある。待ち望んだ選手。

ジョッシュジャクソンは、身体能力があり、複数のポジションを守れる。

ライルズもシュート力があるし、ユニークなスキルセットを持っている。

 

Q.今回の補強については?

1年半前に就任したとき、チームには、アグレッシブさと、規律を求めてきた。TDLでは、指名権を守りつつ、キャップにも柔軟性を持たせて、今シーズンの残りだけでなく、次のシーズンに向けたこの夏の補強にもつながるような補強ができた。

 

 

Q.TDL後のウルブズ戦を見ての感想は?

チームの規律という点では難しいところもあり、プレーオフを目指すにはまだ足りないところもあるが、初戦としては良かったし、2.3戦と重ねるにつれて良くなっていくのでは。

試合後のサボニスの笑顔を見て、嬉しかった。

 

Q.フォックスのそばに、サボニスやホリデーのような選手を置くことについては?

フォックスはリーグでも最速の選手。サボニスやホリデーがいることで、フォックスの負担が減り、彼のスピードを活かせるようになったのでは。サボニスのパスセンスはチームの武器にもなる。

 

Q.ディビンチェンゾに期待することは?

ディビンチェンゾは我々がずっと狙っていた選手なので、獲得できて凄く嬉しい。怪我から復帰しても成長してるし、優勝経験も、キングスに何かをもたらしてくれるだろう。

 

Q.今回のトレードの意味はプレーインに行くこと、それとも将来的にプレーオフで勝つこと?

今回のトレードは今のためではない、将来のために選手を加えた。将来的に前に進むため。残り25試合勝ちたいし、プレーインの2試合にも勝ってプレーオフに行きたい。でもあくまでも、今後、数年を見越した補強であり、今後2か月のためではない。

 

Q.今回のトレードは24年前のクリスウェバーのことを思い起こされる?

サボニスをチームにとどめておく自信のほどは?

キングスはウェバーやディバッツのような優れたパスセンスを持つビッグマンがいた。サボニスも多才で、チームメイトも活かせる能力がある。リーダーシップも期待できる。二つ目の質問に対しては答えられない。

 

Q.選手たちに求めることは?

競争心を持ち、タフネスであり、リバウンド力とディフェンスの向上を求める。そういったチームカルチャーと戦術に合う選手を補強したし、コーチ陣にもそのように指導してもらいたい。

 

Q.サボニスが加入することで、ホルムズの移籍の噂もあったが?

ホルムズはエナジーもあるし、スキルセットもあるし、ファンタスティックな選手だ。

ジェントリーとコーチ陣は、サボニス加入後も、ホルムズがフィットするようなシステム、起用法を考え出さないといけない。彼自身、チームに貢献できるやり方を見出してくれるだろう。

 

といった感じで、記者からの質問に、澱みなく答えていました。

加入選手に対する評価などは、同じ言葉の繰り返しも多く、際どい質問には答えないなど、わりとステレオタイプの会見となりましたが、彼のトレード意図とチーム再建の思いは伝わってきました。

暫定ヘッドコーチのことも記者から聞かれてましたが、今季残り25試合のことしか言及してませんでしたね。そのほか、ジョッシュジャクソンについても、ある記者から「フォックスと同期で、ドラフト全体4位なのに、もう4チーム目だし、どうなん?」みたいな質問もありましたが、お決まりのテンプレコメントでいなしてました。

 

一番印象に残ったのは、目先ではなく、数年先を見据えていること。これからどんなチームを作り、どこまでチームを押し上げてくれるのか、楽しみです。この夏の補強でも、才能のある選手を加えたいと話していましたので、まだまだ発展途上なのでしょう。ヘッドコーチ人事も含め、マクネアーの手腕に期待しましょう。

 

さて、明日はイースト遠征2戦目のネッツ戦。

昨日のWAS戦は、今季イースト遠征9試合目にして初勝利だったんですね。

明日のネッツの状況は

KDもハリスもカイリーもシモンズもいません。しかも相手は11連敗中。

ここで勝たないといつ勝つの?

明日はMUST WINでお願いします。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村