サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ホルムズまでも

昨日のショッキングな負けから一夜。

リーグワースト得点のチームに133失点喫しての負けですからね。

しかも最後は、ジョセフの恩返しつきで。

選手もトレードの噂が持ちきりで、集中できてない感じがしました。特にハリバンやヒールドはもう心ここにあらずでしょ。ベテランがあんなにファンブルばかりしていてはね。

 

その昨日の負けで、潮の流れが一気にトレードモードになった感じがありますね。

TDLまであと3週間。

TDLと言葉を目にするたびに、

TOKYO Disney landに見えるのは私だけでしょうか。最近行けてないからなぁ。また行きたいなぁ。

TDLはもちろんTrade dead lineですよ。

マクネアーももう動かざるを得ないような。

シクサーズのモーリー社長は、キングスとのトレードは上手くいく可能性のものもあるとか。

 

シクサーズとのトレード話については、こちらの記事でも、これまでの動きも含めてリポートしています。

今週水曜日には、

キングス側が、ハリバートン+ヒールド+ハリバン+1巡目指名権2個

シクサーズ側が、シモンズ+トバイアスハリス+サイブル

という噂もありましたが、地元ラジオに出演したシクサーズのモーリー社長はその番組の中で、「特定のトレード話には答えられない。キングスとの取引は上手くいきそうなものもあるが、そのトレードはいつ起こるかわからない。キングスだけでなく、複数のチームも絡むかも。我々が設けたライン(基準)以上のトレード案が出てくるかも」と。

具体的にキングスの名前が出てくるということは、かなり話は進んできてるのかもしれませんが、実際のところどうなのでしょう。

アスレティックのシャムズシャラニア記者によると、キングスはフォックスとハリバートンはトレードしない可能性が高いとも。

個人的には、バグリーやヒールド、ハリバンを出すのはやぶさかではないけど、ドラフト1巡目指名権を2つも出してまで、シモンズを取るのはどうかと思いますよ。

目先のプレーインに捉われ、キングスの未来まで奪われると、希望すらなくなりかねません。

かつてシクサーズとは、2015年に、サラリーダンプするために、ランドリーとニックスタウカスとトンプソン、そして2017年のドラフト1巡目指名権をスワップ(3位と5位を交換)、2019年のドラフト1巡目指名権を差し出すという、悪夢のトレードをしてますからね。見返りは、サラリーダンプが主目的なので、海外でプレーしている選手の交渉権だけだったし。

ブラデディバッツの負のマネージメントの始まりでしたわ。

今回も、足元見られて、この二の舞だけにはならないように頼みますよ、マクネアーさん。

 

そんなところに、こんな噂も。

えー、ホルムズまで〜。

やめてくれー、もうチームぐだぐだやん。

こんな状態で集中してプレーできるわけがない。早くTDLきてくれー。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村