サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

新年早々マブスに完敗

キングス96-112マブス

 

明けましておめでとうございます。

キングスファンの皆さん、今年もよろしくお願いします。

闇があるから光がある。

苦があるから楽がある。

プレーオフ出場という光を求めて、今年も応援していきましょう。

 

さっそく新年早々、苦行のような試合を見せられましたね。

マブスとの2連戦。マブスは前回、ドンチッチなど6人が欠場しましたが、今回はITやニティキナも欠場し、野戦病院状態。

そんなマブスにブローアウト負けとはどういうことや💢

正直、今回のマブス2連戦はボーナスステージのようなもの。初戦こそメトゥのブザビで勝てたから良かったものの、今日は惨敗。あっちでは大晦日ですが、お正月早々、辛い現実を突きつけられましたわ。

 

それにしても情けない試合でした。

1Qは39-34とリード。フォックスとハリバートンのデュオで16得点。3pも9本中6本が成功するなど、オフェンスは好調な出足。今日は楽勝かなと、一瞬、頭によぎりましたよ。

フォックスは1QだけでFG3/4の10得点。まさか、この時はこの10得点だけで終わるとは夢にも思いませんでしたけどね。

残りの3QでFG0/10。彼はもうキングスに心在らずですかね?今までも不調のときはありましたが、1Qだけ得点して、残りのクォーターで全くシュートが入らないという試合はなかったはず。今季の不調はかなり深刻です。何か、重荷を背負ってプレーしている感じが否めません。

 

結局、2Qで逆転され、56-62で折り返し。

 

3Qは立ち上がりに、ハリバンのスリー、バグリーのシュート、そしてハリバートンのスリーで67-67と追いついたところまでは良かったんです。

しかし、そこから

2-24の超絶凄まじいランをかまされるとは。

スラムダンクで、後半、湘北が山王工業に22点差つけられるくらいランでしたわ。

先日の熊さん戦でもそうですけど、3Qで凄まじいランを喰らわされて終わるケース多くないですか?

前半の対策を、3Qでやられて、打つ手なし、試合終了〜、ってやつですか。

キングスお決まりのメルトダウン現象とでも名付けますか。

ジェントリーのボヤキも止まりませんわ。

今日のボヤキは、ヤケ酒を飲みたいくらいの負けだったみたいですね。

ちなみに今日のプラスマイナスのワーストは、

フォックス-26

ハリバン-24

ヒールド-15

ホルムズ-13

フォックスは言うまでもなく、ハリバンとホルムズは怪我明けで本調子に戻りませんね、

ヒールドは今日も一桁8得点。

 

その一方、ハリバートンは17得点10アシストと、今日もダブルダブル。

こういうツイートが出てきてもおかしくないですね。

何も動かないと、徐々にファンの間で不満が溜まりつつあるマクネアーGM

そろそろ動いてもよろしいんじゃないですか?

 

あと、余談ですが、カニングハムさんのツイートでは、ハークレスかまたキレたらしいですよ。今度はメトゥと。

ハークレスも、ジェントリーに代わって出番が少なくなり、フラストレーションが溜まってるんでしょう。

ジェントリーの采配も頑固だからなぁ。

本人は、暫定監督の肩書きを外してほしいみたいなことを言ってましたが、このままだと、クリスティにその座も奪われかねません。

新年早々、暗澹たる気持ちになるキングスの初戦でしたね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村