サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

兄貴の活躍で連敗ストップ

キングス119-105ウィザーズ

 

試合前に、ジェントリー爺さんのコロナ感染が判明。

 

そして、バグリーとTDがヘルス&セーフプロトコル入り、ホルムズも怪我でアウトというショートハンディッドな戦いとなったキングス。

しかし、暫定の代行HCクリスティーの采配と、ハリバン&フォックスの活躍でウィザーズに勝利。連敗を3でストップしました。

 

やはりなんといっても、ハリバン兄貴でしょう。

95-94と1点リードで迎えた4Q残り7:01、26フィートのスリーポイントを決めてからスパーク!

バンクショットのエンワンに、プルアップジャンプショット、そしてフリースローと、兄貴の10連続得点で一気に105-96と突き放します。

まさに兄貴TIMEでした。

痺れたぜ、兄貴ー。

キングスは、兄貴の活躍もあり、3Q残り1分で77-89と12点差を追ってましたが、その後の13分間で42-16とランをぶちかまし、ウィザーズを倒しました。

クリスティーにとっては記念すべきヘッドコーチ初勝利です!

 

試合後、記念として、チームからボールを受け取ったそうです。

クリスティーはひょっとしてHCの才能あるかも?

 

フォックスも31分のプレーで28得点。ウィザーズは彼を止められませんでしたね。特にホリデーは。

クリスティーの、フォックスの使い方も面白かったですね。4Qは開始から使って、逆転した8:00でベンチへ。その間、ハリバンがスパークしてリードを広げ、残り3分でフォックスを再びコートに戻し、クローズさせるというやり方。

ピシャっとハマりました。

ゲームメイクはわりとハリバートンの任せた時間の方が多かったような気がします。

 

この日、プロ入り後初スタメンとなったミッチェルも良かったですね。ディフェンス面では、ディンウィンディはもちろんのこと、4Qではビールも抑えてました。チームとしても、4Qは相手を16点に抑えるなど、今日はディフェンスを頑張りました。

 

これで西の10位に浮上。プレーインスポットの圏内には何とか居座り続けたいですね。

次は、ホームで熊さんと。前回はモラント抜きでボッコボコにやられましたから、何とかやり返したいところ。ただ、バグリーとTD不在で、ホルムズは目の怪我から戻ってこられるかどうか。ホームなので、ストックトンからラムジーとウッダードは呼び戻すみたいですけど。

さてどうなることやら。

 

どうなるといえば、トレード解禁になりました。現時点ではまだどこも動きがありませんが、キングスはどんな動きを見せるのか。

噂では、ペイサーズのサボニスを狙ってるとか。下手な三角トレードに巻き込まれたり、指名権の安売りだけはやめてね、マクネアーさん。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村