サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ペイサーズに惜敗

キングス91-94ペイサーズ

 

情けないですなぁ。

3勝7敗と調子の上がらないペイサーズ

しかもブログドンが欠場でっせ。

ロードも5戦全敗でっせ。

これだけ勝つ要素が揃っててても勝てないのが、我らがルークキングスですわ。

ペイサーズに、3年ぶりのサクラメントでの勝利も謙譲しちゃいました。

はー(ため息😮‍💨)

昼下がりのマチネー(matinée)の試合で、うとうとモードだったのか。途中まで寝てたような試合展開でしたからね。

 

前の試合のホーネッツ戦で点取りすぎたんですかね。

序盤はもろにその反動が来た感じですね。

高校野球でもよくあるじゃないですか。コールド勝ちした次の試合は点が取れないって。

振りが大きくなって、コンパクトなスイングができなくなるそうです。

うちのキングスの場合はどうですか?

マブス戦もそうでしたけど、入らない時はとことん入らないですね。

安定感のないチームですわ。メンタルの振れ幅が大きすぎる。しっかりしてほしいですわ。

 

この試合の敗因といえば、やはりリバウンドの差でしょう。

33-54

何ですか、これ。

サボニスとターナーにやられすぎでしょう。

2人で25個ですよ。キングス全体の33個とそんなに変わらんでしょ。

もともとスリーガードシステムなので、高さのあるチームに弱いのは分かりきったことですが、それでも何の対策もなしに、試合に臨めば、そりゃ負けるでしょ。

ルークの頭の中では、スリーガードで、高さのある相手にも通用してると思ってるんですかね。

 

余談ですが、今日の試合を中継したNBCカリフォルニアが、今季20リバウンド以上獲得した選手が4人いると紹介してました。

ゴベールとバランチュニスとエイトンとホルムズです。

このうち、ゴベールが2回、エイトンが1回、20リバウンド以上を記録したのが、キングス戦なんですって。

それだけキングスのインサイドが弱いことを物語ってます。幸い、明日のサンズ戦にはエイトンは出ないそうですが。

 

この試合、惜しかったんです。

91-93と2点差に迫って、残り1分。

追いつくチャンスは何度もありました。

しかし、ミッチェルが2ftのフローターを外し、フォックスも18ftのシュートを外す。

そして、残り5秒のハリバートンのスリーも届かず、万事休す。

このプレーについて、迷将ルークは、

ハリバンに任せようと思ったら、相手に潰されたため、ハリバートンに打たせたそうです。

ハリバンがマークされるのはわかってんだから、もっと裏の裏をかくような作戦はなかったのかね。まあ、ハリバートンは4Qで3P3/4と当たってたので、託したくなる気持ちもわからんでもないですけどね。

残念な負けでした。

 

でも、フォックスは相変わらず元気出ないですね。今日はFG7/19、3pt1/3の17得点。アシストは今季最少のわずかに2個。得点もアシストも今ひとつ。彼がもっと活躍してくれてたら、もう少しチームも楽になるですけどね。今日はプラスマイナスで言うと、-14でした。

で、深刻なのが、4Qでの神通力がなくなってること。

今季の4QのFGを見ると、

1/5 

1/4

3/5

0/5

2/4

0/4

2/2

2/4

1/2

1/4

合計13/39 FG33.3%と、4Qの勝負強さも薄れてますね。

いつになったら、彼らしい活躍を見せてくれるのでしょうか。全開のフォックスを早く見てみたいものです。

 

明日のサンズ戦、B2Bになりますが、何とかエンジンをかけ直して、頑張ってほしいものです。

GOKINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村