サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

球団記録の22本のスリー!

キングス140-110ホーネッツ

 

いやいやいや、ヤバすぎですね。

球団新記録の22本のスリーポイント‼️

30点差のブローアウトWIN!

笑いが止まりまへんな、ハハハ。

これで貯金が1になりました。

 

この試合、1Qから全開でした。

いきなり29-15のランをぶちかまし、FG14/23、3P9/15、なんと1Qだけで41得点。

一つのクォーターで9本ものスリーが決まるのは、2002-03以来とのこと。

2002-03って、ウェバーやストヤコビッチらがいた最強の頃ですからね。強い時代のキングスが戻ってきたのかと、錯覚してしまいましたわ。

前半は74-53と21点リードで折り返し。

3Qはヘイワードの活躍もあって一時14点差になりましたが、107-89と18点リードで4Qへ。

4Qは立ち上がりの4分で、7-1のランをかまされて、108-96と12点差まで詰め寄られますが、ここからミッチェルとヒールドの連続スリーで突き放します。

4Q3:31で129-104と25点差になったところで、ホーネッツはヘイワードなど主力を下げて白旗宣言。

ここからガベージングターイム!

キングスは、ガベられることはあっても、がべることはあんまりないので、珍しいですよね。

 

キングスも主力を下げて休ませるのと思いきや、まだ攻撃の手を緩めません。

「おいおい、ルーク、ほどほどにしとけよ」と思いましたが、どうやら彼の頭の中には、あと2本でスリーポイントの球団記録更新があったみたいですね。

そいでもって、2:20にヒールドが決めて、タイに並び、そして、残り28秒でついに!

おいメトゥかよ。

驚きましたね。スリーの記録達成がメトゥとはね。

今日はベンチ入り13人のうち11人が出場。

出場しなかったのはバグリーとレンだけでした。

こんな状況でも使われないバグリーのことが心配になりますけどね。

 

それにしても、今日は7人がダブルフィギュアの二桁得点をマーク。中でもホルムズはバケモンでしたね。

23得点、20リバウンド、FG75%

20-20-75は、94年以降、キングスでは初めてみたいですね。ウェバーやディバッツでも成し遂げなれなかったことをやりましたから、大したもんです。

こんな素晴らしい選手がキングスに残ってくれて、ホルムズには感謝しかありません、

 

フォックスもペリカンズ戦に続き、この試合も復調してきたようですし、テレンスデービスも復活の兆し。良い方向に流れが来てるんじゃないですか。

 

次はホーム4連戦の3戦目となるペイサーズ戦です。ペイサーズは現在3勝7敗とあまり調子は良くありませんが、3勝のうち2勝は好調のヒートとニックスから挙げたもの。決して油断はできません。

ペイサーズには、今年のルーキーで、最もプレイタイムが長く(313分)、最も得点を取っている(152点)デュアルテがいますからね。ミッチェルとのルーキー対決が楽しみですね。

 

今後のフィクスチャーを見ると、

Hペイサーズ

Hサンズ

Aスパーズ

Aサンダー

Aピストンズ

Aウルブズ

Hラプターズ

とまあまあ勝てそうなチームが並びます。ここをできれば5勝2敗くらいで乗り切り、

その後の強豪8連戦

Hジャズ

Hシクサーズ

Hブレイザーズ

Aレイカーズ

Aグリズリーズ

Hレイカーズ

Aクリッパーズ

Hクリッパーズ

に備えたいですね。

 

とにかく五分五分でいいんです。

愚直に、コツコツと勝ちを拾っていきませう。

GOKINGS!

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村