サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

プレシーズン2戦2勝と好調!

どもども。お久しぶりです。

ついついブログの更新休んじゃいますね。

まるで、誰かさんみたいじゃないか?という声も聞こえてきそうですが、

その誰かさん、明日のPORとのプレシーズンマッチもお休みするそうです。

右足のソアネスみたいですね。今年も彼は平常運転ですね。彼にとって勝負の年だと思いますが、大丈夫でしょうか?

ちなみに、PORは開幕戦で当たりますので、キングスを警戒してでしょうか、相手は軒並み主力を出さないようです。

まあ、うちも手の内をさらけ出さない程度に、スリーガードラインナップのいろんなパターンを試してもいいでしょう。

 

さて、そのキングスのプレシーズンですが、ここまで2戦2勝と好調。主力が出てないとはいえ、昨季のウエスタンカンファレンスファイナル進出の2チーム相手に連勝とは、予想外。今年は一味違うかもしれません。

 

キングス117-106サンズ

キングス113-98クリッパーズ

 

その2試合の出場時間をランキングにすると、

ハリバートン51分

②ミッチェル49分

③フォックス、ハリバン46分

⑤ヒールド44分

⑥バグリー40分

⑦ホルムズ30分

⑧トンプソン、ハークレス28分

⑩デービス25分

以下、レン23分キング16分、ジョーンズ11分、メトゥ、ラムジー9分、コールマン8分

出場なしは、テリー、クエタ、ウッダード、スチュワードです。

 

2年目のハリバートンと1年目のミッチェルが1.2位。やはり彼らにかかる期待は大きいんでしょう。

フォックスが、クリッパーズ戦の後、ミッチェルのことを、NBAで5本の指に入るオンボールディフェンダーと称してました。

まだルーキーなのに、5本の指に入るとは。

すんごいルーキーですね。クリッパーズ戦でも、1Qのラストプレーのポールジョージとの1on1も、難しい体勢で打たせて、抑えましたからね。フォックスの天敵、ブレッドソー相手にもなかなかの対応をしてましたよ。

オフェンス面でも、クリッパーズ戦では3p3/3を含むFG5/9の13ポイント。苦手とされたスリーポイントもなかなかいいんじゃないでしょうか。フリースローの方がもっと不安なんでしたっけ?オフェンス面でもどんどん活躍してもらいましょう。

 

ローテーション争いで言うと、キング、ジョーンズまでがギリギリでしょうかね。メトゥは現時点では厳しそう。

出場なしの選手たちは、ストックトン行きでしょう。ウッダードはサマーリーグから厳しかったですからね。戦術理解の面で課題があるのでしょうか。身体能力は高そうなんですけど。

 

プレシーズンは残すところ、PORとLAの黄色いところの2試合。ベテラン揃いで高齢化率の高いLAさんは、今日94-123でサンズに大敗してましたが、ベテランの力でここから本番に向けて仕上げてくるんですかね。開幕前に、キングスのヤングな力で叩いておきたいですね。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村