サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ようやくキャンプイン!

グッモーニン。

ご無沙汰しております。2ヶ月近くもブログ更新してなかったですね。すいません。

村西とおる監督風に言えば、

お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません。

ですね。

お待たせしたといえば、我らがサックラメントキングス、ついにキャンプインでございます。

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

 

ハムさんも興奮を隠しきれない様子です

(そうでもないかな)

レーニングセンターに、選手たちが戻ってきました。

就任3年目の迷将ルークによれば、20人全員、ヘルシーな状態で参加したとのこと。昨日のメディアセッションに、ホルムズとレンがいなかったみたいですけど、2人とも無事に参加しました。

 

ホルムズがメディアに語ったところによると、

・4年契約締結以降、公の場に出てくるのは初めて

・ここに戻ってこられて嬉しい。感謝している。やるべきことはたくさんある。

・この夏の間、サクラメントのファンから、私がここに戻って来てほしいという、たくさんの愛を感じとった。

・キングスの選手の目標はもちろんプレーオフ。それについて、いつも話し合ってる。

・オフに加入したデイビオンミッチェルとトリスタントンプソンの存在は、チームの雰囲気を変えそう。

・今季のチームには多様性があり、スリーガードセットにはワクワクする。

今年のホルムズには、ぜひゴベールを抜いて、FG成功率の高さで一位になってほしいですね。得意のプッシュシュートで。

 

そして昨日はメディアセッションでした!

このスリーショット、かっこよすぎん?

スリーガードセットが今季のキングスの最大の売りですからね。今から興奮が収まりません。

 

そのメディアセッションの主なトピックは

・ヒールドの会見に、トンプソンが乱入。レイカーズとのトレード話について、マイクを奪い、「過去は過去。彼はキャンプ初日にキングスのユニを着ている。彼は今季素晴らしいシーズンになる。前向きに楽しむだけ」と、ヒールドを庇う。ヒールドも「彼はブラザー」だと。

ハリバートンの体重が10ポンド増加

・ハークレスは、FAではキングス以外の選択肢はなかった

・新しいディフェンスコーチのマイクロンガバルディとトンプソンはキャブスで共に戦った仲

・ルークとコーチ陣は全員ワクチン接種済み。選手はわからない

・バグリーは、新しいACのダグクリスティーと、ずっと一緒に練習し、コミュニケーションを深めてきた

・バグリー自身は、すごく健康。体の調子はいい。

といったところです。

トリスタントンプソンに、ヒールドは恩情を感じたでしょうね。

 

さて、キャンプインしたキングスの20人はこちら。↓

マットコールマンとDJスチュワードがイグジビット10契約。

ルイスキングとニーマスケイタが2way。

このメンバーで、2005-06以来の16年ぶりとなるプレーオフに行ってもらいましょう。

頼んだよ!

GO KINGS!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村