サクラメンタリストの憂鬱

14年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

遠のくプレーイン GSW戦

キングス113-117ウォーリアーズ

 

遠のくプレーインって、お前まだ諦めてなかったのかよ?と言われそうですが、10位のGSWとの直接対決に勝てば4.5差でしたからね、わずかながらチャンスは芽生えてたと思うんですが、期待するだけ無駄でしたね。

 

113-115と2点ビハインドで迎えた4Q残り9.2秒で迎えたオフェンスは、ハリバンのアイソ。案の定、リーグ屈指のディフェンダー、ドレイモントグリーンにピタリとつかれて、シュート外して万事休す。

ルークらしい、しょーもない終わり方でしたよ。

このツイートのコメ欄にもあるように、もっと走って、オープンの選手にパスするとかないの?

後半不調のハリバンに託すより、4QFG6/7、24点中15得点挙げてるハリバートンに託せよとも思いましたけどね。

 

相変わらずルークは、二の矢三の矢がない。

ハリバンのアイソを仕掛けて、相手のNo. 1ディフェンダーにつかれて、抑えられて終了だと、芸がなさすぎる。

将棋でもチェスでも覚えたらどうかね?

相手の二手三手先を読む力を養いなさい。

かつての師匠スティーブカーに、「お前の作戦なんかお見通しだぜ」と言わんばかりに、いとも簡単に読まれましたね。

 

勝つチャンスはいくらでもあったんですよ。

特に4Q残り18.4秒。ハリバートンのシュートで113-114と1点差に詰め寄った後、ステフのパスをヒールドがスティール!

したかと思いきや、ボールはするするとヒールドの手の中からこぼれ、アウトオブバーンズ。

決めてれば、逆転だったのにね。残念。

まあ、ヒールドらしいと言えばヒールドらしいですけど。

 

今日の最大の注目点はやはりハリバートンでしょう。フォックス不在の中、誰がスタメンを張るか注目されましたが、ハリバートンがスタメンに抜擢。今日は37分プレーして、FG10/20、8アシスト、24得点。特に、4Qの15得点の活躍はお見事でした。3pが2/7だったのて、もう少し入ってくれれば良かったんですけどね。でも合格点でしょう。

マッチアップもステフとでしたが、ディフェンス面での負担を考慮したのか、なぜかヒールドがステフのマークについてましたね。

 

ハムストリングの怪我から復帰のホルムズも、22分プレー。怪我でプレー制限があったらしく、11得点、5リバウンドと少なかったかな。終盤の勝負どころでフリースローを2本外したのはいただけませんな。ルークも、4Qの終盤まで我慢して、満を辞して使ったのにね。

それにしても、リバウンド取られすぎ。38-52と圧倒されまくりだし、オフェンスリバウンドだけで36本も取られてる。スモールスモールで、これだけリバウンド取られたらあかんやろ。セカンドチャンスどんだけ献上しとんじゃい💢

 

あと試合前にハムさんが意味深ツイート。

バグリーは来季キングスには戻ってこないだろうとのこと。

その根拠が何も書かれてないのでよく分かりませんが、おそらく大半のキングスファンは

あっ、そうなの。お好きにどうぞ。

といった感じでしょうか。

ここまで怪我が多いと使い物にならないし、実際プレーしてても、ディフェンス面で穴になるし、使い所に困りますね。

怪我が多いのも、体質だけでなく、プレースタイルや、怪我を避けるような能力、反応の問題もあるんでしょうね。

 

それにしても、ディバッツの負の遺産が多すぎる。

・ルークウォルトンとの4年契約

・ヒールドとの大型契約

・バグリーの2位指名

まあ、オーナーも関与してるので、オーナーにも多大な責任があると思いますが、マクネアーの1年目はこれらの尻拭いだけに追われた感じでしょうね。

 

結局、実りのなきシーズンに終わりそう。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村