サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

救世主ダミアンジョーンズで勝つ

キングス128-125ウルブズ

 

ウルブズとのB2B。終盤、ダミアンジョーンズのディフェンス面でのビッグプレーの連続で辛くも勝利。リーグ最低クラス(昨日ウルブズが勝ったので、ロケッツが最低勝率に)のウルブズにスイープされずに済みましたね。

 

試合は4Q開始時で98-95とウルブズリード。昨日に続き、接戦となりました。

しかし、4Q5:29には、105-115と10点差に離され、万事休すかなと思いきや、そこから12-0のランをかまし、117-115と逆転しちゃいます。

そこから一進一退の攻防が続き、残り51.7秒でKATのスリーが炸裂。121-125と4点リードされます。

しかししかし、今日のキングスは粘ります。

フォックスのフリースローで123-125と2点差に。今日のフォックスはFT13/14と1本しか外しませんでした。ここ5試合は32/37の86.4.%と、割と高い確率でフリースローを決められるようになってきましたね。その前の5試合が37/52の71.2%でしたからね。かなり成功率がアップしてますよ。

 

そして、天敵ディアンジェロラッセルが26フィートのスリーを外した後のキングスのポゼッション。

ここでヒールドが値千金のスリーを決めて逆転するわけです。

 

でもリードはわずかに1点。残り8.8秒。

ウルブズはKATのアイソで逆転を託しますが、ここでダミアンジョーンズが見事なディフェンスで、KATのバランスを崩します。

 

さらに、残り1.4秒のルビオのインバウンドパスも、長い手でボールに触り、ジ・エンド。

勝負どころのダミアンジョーンズのビッグプレー2つがチームを勝利に導きました。

ホルムズの怪我もあり、キングスと2回目の10日間契約を結んでいるダミアンジョーンズ。ザルディフェンスの中で、キラリと光る活躍でしたね。

120点以上取られるのは、今季30回目らしいですが、それで勝てたのは今日を含め6回目みたいですね。センターの控えとして、来季契約したらどうですかね?

白菜よりかはいいかもしれませんよ。

 

ウルブズは開幕以来の連勝ならず。今季開幕戦と2戦目で、ピストンズとジャズに連勝して以来、連勝がなかったんですが、キングス相手に連勝とは行きませんでしたね。

 

しかし、心配なのはフォックスですわ。

足首を怪我してるにも関わらず、39分もプレーして、30得点ですか。

失うものがない捨て身のルークウォルトンのもとで、フォックスが壊れてしまっては元も子もない。次のウォーリアーズ戦まで中3日開きますが、ゆっくり怪我を治してほしいですね。

 

ここ数試合、ハークレスの台頭で出番が減っていたハリバートンも今日は勝利に貢献。29分の出場で、FG6/9、3pt4/6の16得点。

要所要所でのコーナースリーが効果的でしたね。

最近出番が減ってたのは、ルーキーシーズンで疲れが溜まってたのかな?

ルークが、ハリバートン疲労を考慮して、ロードマネージメントをしていたとしたら、大したもんですけど。

 

次はウォーリアーズとロードで対戦。

まあ、ここに来てプレーインの可能性もあんまりないので、そんなに見所もないですが、来季につながる戦いをしてほしいですね。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村