サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

GSWに今季最多141得点で圧勝

キングス141-119ウォーリアーズ

 

ステフカリーとドレイモントグリーン不在のGSWに、今季最多の141得点で爆勝。

B2Bの連戦でしたが、全クォーターで30得点以上、フォックスはキャリアハイの44得点の活躍で、GSWを下しました。

これで3連勝、ここ6試合で5勝目。B2Bでの2試合目、いわゆるSEGA BABAの成績は3勝6敗となりました。意外と勝ってますね。

 

それにしても最近のフォックスは神がかってるというか、一皮剥けた感じがあります。

昨日はFG16/22、3p3/7、FT9/10の44得点。3試合続けての30点オーバー、40得点以上は今季2回目です。

ハリバートンがスタメンになってから、特に良い印象がありますね。

私バスケに詳しくないので、よくわかりませんが、ハリバートンがうまくパスを散らし、フォックスの役割の負担軽減にもなってるんでしょう。ディフェンス側にとっても、ゲームコントロールできるガードが2人いることで、的を絞りづらく守りづらいのかもしれません。

あと課題のフリースローが最近、入るようになってきたことと、ミドルのシュートに自信が出てきたようにも見えます。

 

それにしても、怪我の功名といいますか、バグリーがいなくなり、ハリバートンがスタメンになってから調子がいいですね。

6試合で5勝1敗ですよ。やはりフォックスとハリバートンの相性がいいのでしょう。バグリーがいたままなら、こうはならなかったでしょうね。

ルークは頭固いし、ベンチの層も薄くなりますしね。

まあ、バグリーいたとしても、ハリバートンをスタメンにして、ヒールドをベンチに回してもいいと思いますよ。

 

そして、昨日は、トレード後で選手が少なかったこともあり、若手を使わざるを得なかったんでしょう。

カイルガイが22分プレーして、キャリアハイの17得点。ジェフリーズが21分で5得点、メトゥも怪我から復帰して2試合目でバックアップセンターとして活躍し始めました。ウッダードはわずか1分しかプレーしませんでしたけど。

もう一度言いますが、ルークは頭が固く、若手をなかなか使わないので、こういう物理的に仕方がない状況でようやく若手を使いましたが、使えばそこそこやれる選手もいるんですよ。もっと信頼して使ってほしいですね。このままだと、スタメンを酷使しすぎで、壊れますよ。

 

これでプレーイントーナメントの10位まで2ゲーム差になりました。次はホームでキャブス戦。4連勝がかかってます。その後は、スパーズとのロード2連戦、レイカーズ、バックスと強敵揃いなので、キャブス戦はしっかり勝っておきたいですね。

まあ、期待したところで裏切られることも多いので、テンションは抑えて、見守りますわ。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村