サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

強豪セルツに競り勝つ

キングス107-96セルツ

 

珍しく我がキングスが接戦をモノにし強豪セルツに勝利。

2007年1月から続いていた敵地ボストンでの連敗を12で止めるとともに、9連敗後初の連勝となりました。

今日は何と言っても殊勲者はホルムズでしょう。

25得点11リバウンド、3ブロック、2スティールの大活躍。ここ6試合では5回目のダブルダブル。シーズン通して15回目です。

 

前半で15点リードしたものの、3Qで追いつかれ、4Qで逆転されるいつもの展開。しかし、今日は勝負所でホルムズの活躍は光りました。

92-91とキングスリードで迎えた4Q3:32、正面から値千金となるスリーを決め、

97-93で迎えた4Q2:01には、テイタムのシュートをブロック!その後、ヒールドのファストブレークからのトランジションスリーにつなげました。

さらに4Q1:42はブラウンのシュートもブロックし、その後のポゼッションでフォックスがトドメとなるシュートを決め、勝利を決定づけました。

 

4Q4:45で、ホルムズとハリバートンを、白菜とビエリッツアに替えてクロージングラインナップに切り替えましたが、その4分45秒間で17-5と圧倒。珍しく、上手にクローズできました。

これで今季はセルツに2戦2勝とスイープ。ロード6連戦は2勝2敗の5分となりました。

明日はB2Bでシクサーズなので厳しいでしょう。その次のキャブス戦はぜひ勝って、5割でロードを終えたいですね。

ヘッドコーチはアレですが、選手は諦めず頑張っています。

9連敗後、一時熱が冷めた感はありますが、プレーイントーナメントの可能性がある限り、頑張って欲しいですけどね。トレードの動きは水面下で進んでいるようなので、ロースターがどうなるか分かりませんが。。

 

今のキングスはスタメンに限って言うと、そこそこ選手は揃っていて、どことやっても割と互角には戦えるんですよ。

ベンチの層が薄いのと、ヘッドコーチの能力がアレなので、こう言う状況になっていますが、そこまで悲観するほどの内容ではないんですよ。

前にも言いましたが、ホーネッツの試合を2つともモノにしてたら、今頃、5割近かったはず。

この先のスケジュール見ても、ロードを3勝3敗で終われば、そのあと、ホームでホークス、ウオーリアーズ、キャブスの3連戦。3連勝できない相手ではないんですね。

まあ、その頃にトレードデッドラインを迎えるので、チームがどう変わるか全く予想できないんですけど、借金を3くらいに留めておけば、まだプレーイントーナメントのチャンスがないわけではない。バグリーも戻ってくるかもしれませんし。

そのプレーイントーナメントとは、簡単に言うと、7位から10位までが、トーナメントで最後の7と8シードを争うというもの。

今のキングスは11位。10位のグリズリーズとは2.5差です。熊さんはコロナで試合数少ないでしょうから、失速してくるでしょうし、バランチナスは許せませんしね。

ホルムズのあのエナジーを無駄にしてほしくはないですね。燃えろキングス🔥

今まで散々期待を裏切られてきたので、あまり期待せず、心の奥底にすこーしだけ期待する感じで見守っていただければちょうどいいのではないでしょうか。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村