サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

フォックスのウイナーでウィザーズに勝利

キングス121-119ウィザーズ

 

119-119で迎えた残り22秒。

ゆっくりとしたドリブルから、フォックスがビール越しに0.7秒を残してジャンパーを決め勝利。

今回のロード6連戦の3試合目でようやく勝利を挙げました。

 

この試合は、バグリーの骨折により、フォックス、ハリバートン、ヒールド、ハリバン、ホルムズのスタメン。

ハリバートンは3度目となるスターターで、1Qから10得点と活躍。33分で17得点、4アシストの成績を残し、勝利に貢献しました。

前半終わって66-66の同点。ともにディフェンスがリーグワーストとワースト2位同士らしい戦いになりましたね。

 

珍しくキングスが3Qにスパーク。

フォックスのリムアタックやホルムズの得点などで引き離し、9点差をつけて4Qへ。

4Qも残り1:10で119-113とリードし、勝ったかなと思ったんですが、そこは我らルーク率いるキングス。簡単にはクローズできるわけがなく、ウエストブルックの連続得点で119-119と追いつかれちゃうんですね。

 

しかし、我らにもスターがいます。

そうクラッチ男、フォックスです。

残り22.6秒で、絶好のクラッチタイムがフォックスに巡ってきました。

そして、冒頭のシーンとなるわけです。時間の使い方、残した方といい、最高でしたね。

ウィザーズは、最後、インバウンドパスが周りと合わず、呆気なく終わりました。

ただ、ビール29得点、ウエストブルック26得点、2人合わせて55得点。さすがでしたね。

相手のスリー成功率の低さ4/25に助けられた感じはあります。

ハリバートンがスタメンに移行したので、ベンチの層がさらに薄くなりましたが、久々にホワイトサイドやジェームズが出場するなど、24得点挙げました。ビェリッツァはFG0/5、3pt0/4でしたけど。

 

これで16勝24敗の借金8。

勝てる試合が3試合くらいあったので、今頃、借金2くらいにしておきたかったですが、もったいないですな。特にホーネッツ戦なんか、ホーム、ロードともに勝ててたのにね。

次はセルツとシクサーズB2B。勝つのは至難の業でしょうが、選手は頑張ってますので、ヘッドコーチはさておき、応援していきましょう。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村