サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

レイカーズに勝利したものの

キングス123-120レイカーズ

 

レブロン、AD、ガソルと3人のスターターを欠き、B2Bレイカーズに対して、中2日と休養十分のキングス。

有利な状況ではありましたが、最後はシュルーダーとハレルが続けて外してくれる幸運にも助けられて、何とか勝てた試合でしたね。

今のキングスは、気の抜けたような試合が続いています。選手がヘッドコーチの解任を待っているかのような。

特に酷いのがフォックス。

ターンオーバー7個ですか⁈

ドリブルは取られるわ、転んで取られるわ、パスミスはするわ、これではいけませんね。スリーは入らないと、相手に見切られてますし。そして最後はファウルアウトというオチもついてきました。

彼はもともと才能ある選手だと思うんですが、まだまだ精神的にも、プレーにもムラがあるんですよね。それを活かすも殺すもヘッドコーチの力量によるところが大きいと思いますが、ルークでは無理でしょうね。

規律もあるようでなさそうだし、ディフェンスは教えられない。そして勝たせられない。このままだと、フォックスはドアマットチームのエースとして、そこそこいい選手で終わってしまうでしょう。

今季のフォックス見てると、そんな悲哀すら感じてしまいますね。

もう一段上のレベルに行くには、勝てるコーチのもとで、自分もチームを勝利に導ける選手にならないといけないんですが、あのコーチではね。

 

今日はB2Bブレイザーズとですが、リラードとの差を見せつけられそうです。

 

そんな中、気になるのはこの記事。

キングスヘラルドさんのブログの中で、サクラメントビーのジェイソンアンダーソン記者の記事のことを紹介しています。

そのサクビー記事によると、

マクネアーが何か動き始めてるらしいと。

3/25のトレードデッドラインまでに、ロースターに多くの変更があり、コーチングスタッフの変更はその前にあるかもしれないと書いてるそうです。

今日のブレイザーズ戦で前半戦が終わりますが、その後に何かが起きる可能性があると。 

これは楽しみですなぁ。

このヘラルドのブログには、何がどう起きるかや、サクビー記事に何がどう書かれているかは詳しく書かれていませんが、キングスファンの共通認識として、

・今季のトレード市場ではキングスは売り手。

・ヒールド、ハリバンといった大型契約選手は、他のプレーオフ進出候補チームへのトレードもあり

・ビェリッツァ、ジョセフ、ジャバリパーカーなど今季で契約満了の選手もトレード候補に。

・ホルムズとは再契約したいが、トレードとしての資産価値も

などを挙げています。

キングスの今の目標は、若手に切り替えつつ、サラリーキャップの余裕も広がること。後半戦には、ウッダード、ガイ、ラムジーにもチャンスを与え、ドラフトロッタリーを狙う。

ヘラルドさんのブログはこう締めくくってます。

 

さあ、マクネアーがいよいよ動きますか。

手始めに、ヘッドコーチから替えてもらいましょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村