サクラメンタリストの憂鬱

14年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ハリボテだった強さ キングス

バッドモーニン。

世界のキングスファンのみなさん、お目覚めいかがですか?

もちろんバッドフィーリングですよね。

今日は試合ありませんし、心落ち着けてリラックスしましょ。キングスファンはメンタル強くないとやっていけませんから。

 

でも、休日でも何だこうだ言いながら、キングスのこと考えちゃうんですよね。

弱いけどやめられない。負けることが多い分、勝ったときの喜びはひとしお。

ある意味、中毒です。

羨ましいだろ?

こんな快感、他のチームのファンやってたら味わえないぜ。なんせ15年もプレーオフ行ってないんだぜ。もしプレーオフなんか行っちゃったら、この上ない快楽が待ち受けてるんだぜ。

凄いだろ?ワイルドだぜ!

と、なぜか最後はスギちゃんになっちゃいましたけど。

 

さて目下7連敗中の我らがキングス。長い、長〜いトンネルに入っております。出口はあるんすかね?

上越新幹線の群馬と新潟の県境くらいの長いトンネル入っちゃいました。もしくは九州新幹線の熊本と鹿児島の間のトンネルか。

ついこの間までは、7勝1敗ととんでもない強さを見せたんですけどね。

でもね、私、そのときも一抹の不安を感じてました。

この強さは本物ではない。ハリボテの強さだと。

それには、5つのTAKE AWAYがあると思うんすよ。ハムさん風に言うと。

 

一つ目は、対戦相手のラッキー。

ニックスはB2Bだったし、マジックは主力が軒並み欠場してたし、セルツはケンバ、ナゲッツはマレー、クリッパもポールジョージがいませんでした。

 

二つ目は、選手層の薄さ。

その間、ほぼ8人ローテ。フォックス、ヒールド、ハリバン、バグリー、ホルムズのスタメンに、ベンチはハリバートン、白菜、コジョ。

たまにGR3が出るくらい。メトゥやガイもほんの少し出ることはありましたが、基本は8人。

それで連戦続きだと、いずれは金属疲労起こしますわ。

実際、フォックス、バグリーが怪我で欠場したマジック戦からガクッとチーム力が落ちましたからね。

もともと選手層が厚いわけではないですから、誰かが抜けるとチームバランスが崩れるだろうと思ってましたけど、まさにその通りでしたね。

フォックスは怪我から復帰してからコンディション落としてます。疲労も溜まっているようですし、休ませたいところですが、連戦が続く中では、なかなかそれもできませんね。

さらに、ハリバンとホルムズも怪我。ハリバンは相当酷使されてましたから、こうなるのは目に見えてました。ルークには見えなかったんですかね?

 

三つ目はフォックスへの対策。

連勝してた頃は、4Qのクロージングのメンツが固まり、フォックスがトドメを刺すパターンが確立されてました。

しかし、シクサーズがフォックス対策として、4Qにサイブルをマンマークでつけてきましたよね。それに対するルークの答えはZERO。フォックスが抑えられた時の、次の一手、いわばプランBがありませんでした。

まあ、最近は4Qまでにほぼぼぼ試合がきまってるので、フォックスで勝負する展開にすら持ち込めてないですけどね。

 

四つ目は、ヒールドとホルムズ。

このブログでも何度も言ってるように、今季のヒールドは全然ダメです。スリーが持ち味の選手なのに、今季の3p成功率はプロ入り後最低の36.1%。リーグでは117位。スリーを売りにしてる選手が117位ですよ。

ちなみに、彼は今季リーグ2位の310本ものスリーを売ってるんですよ。リーグ全体では200本以上スリーを打ってる選手が17人いるんですけど、その中では、ホーネッツのグラハムについで下から2番目の成功率の低さです。

あのロンゾボールよりスリーの成功率が低いんですね。

そんなヒールドが、今季はチーム1の高給取りですからね。ほんと仕事してくださいよ、とボヤキたくなりますわ。ハリスの5割までとは言いませんが、4割は入れろよと言いたくなりますよね。

でも試合見てるとわかると思いますが、ヒールドはオフボールの動きがあまり良くないので、いい形でボールを受けられないし、ハンドリングも下手なので、自分で抜けないし、ファウルももらえないんですよね。要はスポット的な使い方しかできない、用途限定型選手。そんな選手に高額の4年契約を結んだディバッツは何を考えてたんでしょうね。ディフェンスも成長してきているとはいえ、やはり穴になってますし。どこかもらってくれませんか?

 

あとホルムズ。

彼のプッシュシュートは安定感があり、チームの武器になりつつあります。FG成功率もリーグ2位の65.0%と高い成功率を記録しています。

その反面、ホルムズはファウルが多すぎる。実はパーソナルファウルの数は堂々のリーグ1位なんです。

彼は試合早々からファウルトラブルに陥り、試合から消えることが多いですよね。どうしても、手癖の悪さ、ディフェンスの未熟さは否めません。彼のブロックで勝った試合もありますが、そもそも最後まで出続けることができないことも多いのが問題。センター陣の層も薄く、ビッグマンの問題は頭が痛いところですね。誰か補強してくれませんかね、マクネアーさん。

 

そして五つ目、これが最大の問題ですが、やはりルークでしょう。

レイカーズ時代から数えて、今季がヘッドコーチ5年目になりますが、過去の勝率は、

1年目 .317

2年目 .427

3年目 .451

4年目 .431

そして今季が.400。

もともと3割から4割しか勝てない監督ですが、今季もそのアベレージ通りなんですよ。

その程度の実績しかない人物に、ディバッツはなぜ4年契約を結んだのか、謎すぎますね。しかも、彼としか面接せずに決めたらしいし。

さしたる実績もなく、レイカーズ時代の評判も宜しくない。ただ単に、ディバッツと仲良しというだけの人物に、チームを任せても勝てるとは思えないし、実際勝ててない。

同じメンバーを使い続け、選手を酷使し、怪我人は出る。

若手は使わない、育てない。

相手の先を読んだ手を打てない、相手の策に対応できない。

まだ4年契約の2年目ですが、このまま彼に任せても、無為に時間を費やすだけ。

マクネアーさん、決断の時が迫ってますよ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村