サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ハリバートンを新人王へ

どもども。

みなさんのお住まいの地域は雪大丈夫ですか?

うちの地域は結構積もってますよ。こんなに積もったのは数年ぶりですかね。

気をつけてくださいね。

 

さてさて。昨日のブルズ戦の勝利。素晴らしかったですね。やはり勝つと気持ちいいっすね。

でもなんと言ってもハリバートンのおかげですよ。

 

そんなハリバートンについての記事を、キングスヘラルドさんが書いてます。

ざっくり言うと、

・トップ5の評価があるのに、ドラフトで12位まで落ちてきた幸運を祝うしかない。

・シェーンバティエ、ダニーグリーンに匹敵する「スーパーロールプレーヤー」に成長する可能性あり

・PG、SGどちらもプレーできて、効率的に得点できるスコアラーであり、ディフェンスも良く、クラッチタイムに活躍できる

・第1ハンドラーもでき、セカンドハンドラーへの役割の切り替えもできる

・ここまでわずか4TO、28アシストを記録。アシストとTOの比率で、全NBA選手の中で3番目に高い。PandRの才能はフォックスより上かも。

・リーグ全体でも、2番目に優れたPandRイニシエーターで、1ポゼッションあたり平均1.4ポイント、20%の確率でシュートファウルをもらっている。

ハリバートンは、1.2だけでなく、3のポジションも守る能力があり、ペイント外のFG%率を2.1%も削減した。チームで最も有能なペリメーターのディフェンダーになりつつある。

・スティールは平均1.3個、彼がコートにいるとディフェンスのレーティングは108.1。彼がいないと114.9に悪化する。

・4Qの平均プレータイムは10.2分。これはリーグ全体で2位!昨日も4Qだけで15得点、4リバウンド。チームを勝利に導いた。

・今季のクラッチタイム(残り5分以下で、5点差以内)では、キングスの25分のうち19分プレー、11得点、FG4/6、3P3/4。

ビッグタイムでのショットメイキングできる一部のプレーヤーは「何か」を持っていると言われているが、ハリバートンはその「何か」を感じさせるDNAを持って生まれてきたようだ。

・彼の将来は明るい。才能は天井知らず。

 

といった感じで、美辞麗句のオンパレード。

そのくらいの素質を持ったスーパールーキーだということですよ。

気は早いですが、新人王は堅いのでは。

明日のラプターズ戦も楽しみですね。

彼の活躍を毎回見るのが楽しみになってきましたよ。プレシーズンからですけど。

 

フォックスの怪我が気がかりではありますが、続報を待ちましょう。

GOKINGS!

 

追記

フォックスのケガのステイタスがアップデートされ、明日のラプターズ戦はOUTになりました。

明日はコジョがスターターで、ハリバートンをベンチスタートかな。

どうせなら、ハリバートンをスタメンにして、第一ハンドラーで使ってもいいんじゃないですか。ルークさん。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村