サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

フォックス、外のシュート成功率を高めろ

どもども。

昨日はプレシーズンの最終戦、GSWとの試合は105-113で敗れました。

109-115かと思ったら、105-113に公式記録が訂正されてました。なんかの得点が認められなかったんでしょうね。

まあ、何とも言えない試合だったので、詳しくは振り返りませんけど。

 

さて、今日のハムさんの記事。

年に一度のNBAGMに対する調査で、「2020-21シーズン、誰が一番ブレイクしそうですか?」という項目で、フォックスが3番目に票を集めたようです。ちなみに1位は、ナゲッツのマイケルポーターJr.とOKCのシャイなんとかかんとかアレクサンダー(gilgeousが発音しづらい)です。

昨季のフォックスは、怪我で欠場期間があったものの、21.1pts、6.8astを記録。特にバブルでは、34.7分のプレーで、26.2pts、7.3ast、1.7stlの大活躍でした。

 

フォックスは、5年間1億6300万ドルのマックス契約をチームと結び、今季の彼に対する期待は一段と大きくなっています。キャンプでも、首脳陣やチームメイトからの評価も高く、プレシーズンのプレーぶりを楽しみにしてました。

そのプレシーズンは

@POR 26分 FG3/12 3pt1/7 6ast 1stl 10pts

@POR 25分 FG5/9 3pts2/6 4ast 13pts

 GSW 24分 FG6/13 3pts1/7 5ast 2stl 17pts

 GSW 30分 FG3/17 3pts0/7 12ast 1stl 8pts

でした。

昨日の12アシストは評価できるんですが、やっぱり外のシュートが入りませんねぇ。

この4試合で3ptsは4/27 成功率14.8%

いただけませんね。

ちなみにFGは17/51 33%です。

フォックスの課題は、大学時代から外のシュートの成功率の低さ。特にスリーポイント

プロ入り後、過去3年の3pts成功率を見てみると、

2017-18 30.7%

2018-19 37.1%

2019-20 29.2%

2年目に良くなったかと思えば、昨季は2割台に。そしてプレシーズンは1割台。

 

これについてルークは

プレシーズンのFOXのシューティングに関しては心配してないbyるーく

 

心配せーよ、ルーク。

 わたしは心配で夜も眠れんよ、、

そして、こうも言ってます。

オフに彼がいっぱいシュート練習してきたのを見てきたから、シーズン始まるとその成果が出るだろうと。byるーく

 

 

ホンマかいな。シーズン始まったら、急に入るようになるんかい??

 

俺たちの1番のプライオリティーは、フォックスのために、レーンを開けておくこと。そして、フォックスとウイングがリムにアタックする!(キリッ!)byるーく

 

そりゃそーやけどさあ、外が入ってこそドライブが生きるからね。もちろんパスもだけど。

 

もちろんフォックスは順調に成長してます。得点自体も増えてます。

こちらのESPNの分析のように、P&Rを使った得点は着実に増えてますし、ルーキーシーズンのように、自分でゴール下の無理に突進していかず、周りを活かせるようになってます。

この上、さらに彼に成長を求めるならば、という前提です。スリーが入るようになれば、まさに鬼に金棒でしょう。この動画でも最後にそう言ってますしね。

 

あとフリースローも何とかして。

ここ3年は

72.3%

72.7%

70.5%

と今ひとつ。

このプレシーズンも55.5%。

もう少し頑張って入れてほしいですね。

 

キングスが15シーズンぶりにプレーオフに行けるかどうかは、フォックスにかかってます。

外のシュートとフリースローの成功率を上げてほしいですね。

GOKINGS!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村