サクラメンタリストの憂鬱

16年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

動けラナディーベ

どもども。

連日暑いですね。

今年の夏休みはいかがお過ごしですか?

私は川遊びに、アドベンチャー体験など、密を避けてアウトドアを満喫してます。

 

さてさて、今シーズンもプレーオフを逃したキングス。

ブラデは責任を追及されても仕方ない状況だと思いますが、オーナーのラナディーベは何ら動きはありません。

このままだとおそらく解任もないでしょう。

 

そんな中、キングスヘラルドは、「ラナディーベはブラデを解任すべし」の論調ですね。

記事によると、ブラデはラナディーベの資産の数億ドルを無駄遣いしてると。

そして、ブラデが在任中に獲得したFAのリストも載せてあったんですけど、

 

Kosta Koufos:4年間、3,290万ドル

マルコベリネッリ:3年間、1900万ドル

Rajon Rondo:1年950万ドル

Arron Afflalo:2年、2,500万ドル

Anthony Tolliver:2年、1600万ドル

マットバーンズ:2年間、1,225万ドル

ギャレットテンプル:3年、2400万ドル

ビンス・カーター:1年800万ドル

ジョージヒル:3年間、5700万ドル

ザックランドルフ:2年、2400万ドル

Nemanja Bjelica:3年間、2,050万ドル

ヨギフェレル:2年、620万ドル

コリージョセフ:3年間、3,720万ドル

Trevor Ariza:2年間、2,500万ドル

デウェイン・デドモン:3年、4000万ドル

ハリソン・バーンズ:4年間、8500万ドルの契約

リショーンホームズ:2年間、977万ドルの契約

バディヒールド:4年間、9,400万ドルの契約

 

みなさん、どうすか?

まあ、無駄遣いかどうかと言われれば、

無駄遣いと言われても仕方ないでしょうな。

 

サクラメントという小さな市場で、しかも万年ドアマットチームなので、なかなか大物が来てくれない事情はあるにせよ、パッと見る限り、微妙なメンツですよね。

中には、ピークをとっくに過ぎたわりに、割高な選手もいます。

 

そして、特徴的なのは、せっかく獲ったのにシーズン途中であっさり放出してしまうこと。

ジョージヒルはあまりの弱さに激おこプンプン丸😡ツイートして、波紋を呼び、チームを出ざるを得なくなりましたよね。

デドモンはストレッチ5と鳴り物入りで入ったものの、外からのシュートはほとんど入らず、見限るのが早いルークによって出番を失い、これまたシーズン途中に古巣に戻りましたよね。 

アリーザも獲得してすぐに放出。

ブラデ得意のキャッチ&リリースですわ。

このクーリングオフ的な、お試し返品商法は、自分の見る目のなさを認めてるようなもんですからね。

最近だと、ハリバンとヒールドと高額契約。その金額に見合った活躍かどうかと言うと、疑問を持たざるを得ませんね。

 

まあ、ブラデのFA獲得を4段階くらいで評価するなら、最低ランクのDかな。

ビェリッツァやテンプルとかは頑張ってくれてるほうですけど。

 

コロナ禍で、キングスやゴールデンワンセンターを取り巻く財政的な状況も厳しくなりつつあると聞きます。

ラナディーベさん、一度、ブラデのここまでの仕事ぶりをしっかりと精査して、今後、彼に任せていいのか、考えた方がいいですよ。

ファイアーするという選択肢も出てくるかもしれません。

動けラナディーベ!

ではまた。

 

追記

そんな中、今し方、速報が!

ついに動きましたー、ラナディーベ。

ブラデがステップダウン。

GM職をジョーデュマスが引き継ぐことに。

ブラデは実質の解任ですね。

詳細はまたのちほど。

 

追記の追記

その後の報道によると、

ラナディーベは、ディバッツに、GMの役割をアドバイザーであるデュマースと分担するように要請。

その申し出に対し、ディバッツは「No interest」と断り、辞任することになったそうです。ラナディーベから、実質、引導を渡されたようなもんですからね。

デュマースのお仕事はこれからでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

にほんブログ村