サクラメンタリストの憂鬱

14年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

役者が揃った?クリッパーズ戦

キングス106-102クリッパーズ

 

最後のスクリメージとなったクリッパーズ戦。

最大21点差を4Qに逆転。レギュラーシーズンでも2度下しているクリッパーズを、練習試合でも倒しちゃいました。

今季は相性いいんすかね。

練習試合3連敗かと思ってましたが、良い形で、シーズン再開に臨めそうです。

 

◎ベンチメンバー頑張る

勝つには勝ったものの、内実は、手放しでは喜べないところがあります。

キングスのスタメンは、

PGフォックス

SGボギー

SFベイズモア

PFビェリッツァ

Cホルムズ

 

プラスマイナスで言うと、

キングスのスタメンは-47

クリッパーズのスタメンは+77

要はスタメンでかなりの差をつけられてるんですわ。

試合は、ファーストユニットで差をつけられて、セカンドで詰める展開。まあ逆に言うと、キングスのベンチが頑張ったとも言えるんですけどね。

ベンチだと、+67です。

ヒールド、ジェフリーズ、ハリバン、ジョセフ、ジャイルズが良くがんばりました。

 

◎ハリバンついに復帰

注目のハリバンは、21分のプレーで12ポイント。FG2/5、その2本はいずれもスリーポイントで、効果的な得点でした。

現地からの報道によると、ハリバンの奥さんとお母さんとコロナ陽性のようで、とても心配です。もしハリバンが、家族に会うために、サクラメントに帰り、一度、バブルから出てしまうと、10日間は隔離されますから、また離脱することになります。ご家族のことが心配でしょうが、1日も早い回復を願いたいですね。

 

試合の方は、99-100と1点を追いかける4Q残り26.4秒で、ビェリッツァが正面から逆転のスリーを決め、102-100。これが大きかったですね。結局106-102で勝ちました。

 

◎ボギー&ヒールド

今日は特にボギーとヒールドが良かったですね。ボギーはなかなか調子が上がってきてませんでしたが、チームハイの21得点、FG7/15、3pt4/10。クリッパーズ寄りの実況と解説もボギーのこと褒めてましたよ。

そしてヒールド。勝利の要因となったベンチの活躍を引っ張った功労者。3pt3/10と、彼にしては少なめでしたが、それでも17得点。ジャイルズへの効果的なパスもあり、リバウンドも8個。昨夜のデイリー9で中原雄氏が言ってましたが、やはりキングス浮上の鍵はヒールドが握ってるんでしょうね。

 

◎最大の収穫ジェフリーズ

それにしても、ダギュアンジェフリーズはいいですね。ルークもかなり気に入ってますね。

今日は24分のプレーで11得点、3リバウンド。特筆すべきは、チームハイの+24。彼がいたときに、いかにチームが活気付いてるかわかりますね。

ドラフト外ですよね、彼?

いい選手をとりましたね。Gリーグのストックトンでも頑張ってたから、認められたんでしょう。ジャスティンジェームズのプレータイムはおろか、コーリーブリュワーのプレータイムも奪ってますね。今日もダンク決めてますし、サイズもあるし、ディフェンスも良さげじゃないですか。

3試合のスクリメージで最大の収穫かもしれませんね。

 

これで練習試合は1勝2敗で終了。

日本時間で土曜日の朝9時からのスパーズ戦まであと4日。

スパーズはオルドリッジ出ないみたいですし、勝つチャンスは十分あります。

今日勝った勢いで一気にプレーオフまで突っ走れ!

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村