サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

惜敗でも負けは負け ラプターズ戦

キングス113-118ラプターズ

 

もったいないですな。

B2Bで体力的にもキツい中、

強豪ラプターズ相手に4Q終盤まで粘りに粘り、

残り34.3秒のフォックスのこのプレー。

これで追いついたんですけど、その後116-113と3点リードされ、残り13.7秒で迎えたキングスのポゼッション。

 

コートには、

フォックス、ボギー、ハリバン、ビェリッツァ、ホルムズの5人。

 

もうスリーしかない状況です。

しかし、この5人の中にヒールドがなぜか含まれてないんですよね。

 

果たして結果は…。

ビェリッツァのエアボールで終了〜。

完全に読まれてましたね。

呆気なく終わりましたよ。

 

あまりのダサさに、観客からはこんな声が。

よーく耳を澄ませて聞いてくださいよ。

 

“Luke you're an idiot.You have the three-point champion.

Play him.

Where is Buddy?”

ルーク、お前はア○か。3ポイント王者がいるのに。

プレーさせろよ。バディはどこだよ。

 

 イイっすねー👍

この観客、みんなの思いをズバッとルーク本人に言ってくれましたね笑。

3点しかない場面で、シューターくらい複数出しとけよ、と素人考えながら、私も強く思いました。

 

試合後、サクビーのジェイソン記者が、このプレーについてバディを直撃したところ

インタビューを断り、報道陣に何も言わずにロッカールームを後にしたそうです。

そりゃあ、ショックでしょうね。

スリーポイント王者の矜持もあるでしょうし、大事な場面で使われないことでプライドも傷つけられたでしょう。

このままだとオフにトレード志願もマジであるかもですよ。

 

しかし、この試合のフォックスは凄かった🦊

チームハイの28得点、そのうち18点を4クオーターだけで挙げています。

クランチタイムで何という支配力でしょう。

そしてフリースローは10/10。

これで勝っていれば、スターへの階段をまた一段上がっていたんですけどね。

チームを勝ちに導くようになれば、レブロンやレナード、リラードのようなスーパースターへの道を辿ることになると思いますよ。

 

今日は、B2Bながら、プレータイムは

フォックス31分

ハリバン34分

ボギー30分

ビェリッツァ30分

とスターターが軒並み30分オーバー。

ただ、プラスマイナスで言うと、スターター合計で-76と散々でした。

 

今日、なぜ接戦に持ち込めたのかというと、

ベンチメンバーが頑張ったから。

ベンチの得点では51-7とラプターズを圧倒。

プラスマイナスも、

レン+5

ホルムズ+16

ジョセフ+18

ベイズモア+5

ヒールド+7

と合計+51でした。

 

ベイズモアはエナジーあふれるプレーで、FG6/11、15得点、6リバウンド、1アシスト。

レンは15分の出場ながら、15得点、7リバウンド、2ブロック、1アシストと大活躍でした。

 

強豪相手に惜敗しても、負けは負け。

今はとにかく結果がほしいんですよ。

 

今日の結果を受けての順位表です。

28勝36敗でペリカンズに並ばれて、直接対決の結果で、10位に落ちました。

そして、MEMとは4ゲーム差に。

つまりMEMが残りを五割で行くとして、

うちは13勝5敗で行かないといけないということです。

厳しくなりましたね。

この1週間で2敗もしちゃいましたから。

あと5敗しかできないんですよ。

ざっと思い浮かべただけでも

@HOU、LAC、LAL、@DEN、@LAL、@NO、IND、@SAもあるんですよ。

この中から5敗しかできないんですよ。

ここには列挙しなかったそれ以外の試合は全勝した上で。

もうほぼほぼ奇跡に近いですね、プレーオフは。

 

そして、次はそのペリカンズをホームに迎えての直接対決です。

タイブレークを考えると、今季すでに1敗しており、残り2戦で連勝するしかありません。

キングス、ペリカンズともに中2日。

ここで負ければプレーオフはますます厳しくなるでしょう。

望みをつなぐためにも絶対に勝ってくれ!

GO  KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村