サクラメンタリストの憂鬱

14年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

FOX対モラントはフォックスの勝ち

キングス129-125グリズリーズ

 

いやー、冷や冷やしましたね。

本当なら10点差くらいで試合を終わらせておかないといけないところですが、

あんだけフリースロー外せば、そりゃこうなりますわ。

でも勝てて良かったです。

「天下分け目のグリズリーズ戦」と銘打ったこの試合、

負けたらそこでシーズン終了でしたからね。

 

前回1月3日にホームで対戦した時は128-123で勝っているキングス。

グリズリーズはその後19戦15勝。

キングスと対戦した時には借金9でしたが、今や貯金2。

順位もプレーオフ圏内の8位まで上げています。

キングスも見習いたいものです。

 

そんな絶好調のグリズリーズを迎えた試合は、最後までもつれにもつれました。

勝負を分けたのは4Q残り1:49からの一連のプレー。

117-113とキングス4点リードで、MEMはモラントがドリブルで仕掛け、フォックスにファウルのコール。

モラントの頭が突っ込んだだけのプレーでしたが、ここでルークがチャレンジ。

そしてこのチャレンジが成功!

 

ルークは、今季チャレンジが13勝10敗と勝ち越してきました。

 

そして、ジャンプボールになり、ジャイルズが勝ち、キングスボール。

このポゼッションでフォックスが値千金のスリー!

 

これで120-113と7点差に広げます。

結果的にこの一連のプレーが大きかったですね。

今日は、何かとフォックスとモラントの対決がクローズアップされましたが、ここで明暗を分けた感じです。

 

ただね、ここできっちり終わらないのがキングスなんですわ。

ジャイルズがJJJからファウルを引き出し、121-113と8点差で迎えた残り27.7秒。

ここでジャイルズはFTを2投とも決めて、10点差にして試合を決めなきゃいけないところで、一投外し、その前もフォックスはFTを一投外し、相手に反撃の余地を残してしまう。甘いんですね。

 

まあ、最後はモラントがフォックスの真似して、フリースローをわざと外そうとして、レーンバイオレーション取られた呆気なく終わりましたけど。。。

あのバイオレーションも、フォックスがウルブズ戦でやってから(本当はレーンバイオレーションだった)、審判も厳しく取るようになったのかもしれませんね。

FOXとモラントの対決は、先輩のフォックスが何とか面目を保ちました。

でもフリースローは練習しろよ!

 

この試合を振り返ると、まずすごかったのがハリバン兄貴。

前半だけで22得点。

スリーは最初から7本連続で成功。

 

カニングハムさんによると、

最初から7本連続でスリーを成功させたハリバン兄貴は

過去20年のキングスの歴史の中で初めてのプレーヤーだそうです。

この試合はゲームハイの32得点を挙げました。

 

そしてジャイルズ。

今日も、レンが間に合わず、ホルムズとバグリーもアウトで、センターは彼一人でしたが、よく頑張りました。

見てください、このパス!

 

そして終盤にはこのブロック!

最後は6ファウルで退場しましたが、25分の出場で、

3pts、3reb、3astと、ヤクルトの山田晢人もビックリのトリプルスリーで揃えてきました。

(えっ、大したことないって?きれいに3が揃えばいいんだよ)

 

チームリバウンドは27-51と圧倒されまくりましたが、人手不足のインサイドを何とか支えてくれてます。

 

 

 ハムさんによると、レンは昨日のフルトレーニングに参加。

今日はquestionableでプレーしませんでしたが、次はキングスデビューしてくれるのではないでしょうかね。

 

キングスデビューといえば、ジャバリパーカー。

1Q1:41にジャイルズに代わってコートに入り、ついにデビュー。

今日のFGは1/6と、この1本だけでしたが、今後はやってくれるでしょう。

あまりにスモールな陣容なので、センターもやらされましたけど。

 

さあ、波に乗りたいキングスは、中1日置いて、クリッパーズと敵地で対戦します。

現地時間土曜のお昼0時半のランチタイムティップオフなんですね。

珍しい時間に試合をしますね。なんかあるんでしょうか。

日本時間では朝の5時半ですので、キングスファンのみなさん、早起きして応援しましょう。今度はレナードもいるでしょうから、勝つのは至難の業でしょうけどね。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村