サクラメンタリストの憂鬱

14年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

負けた借りは返しましたよ ヒートさん

キングス105-97ヒート

 

1月20日に、ロードで悔しい負けを喫したヒートとのリヴェンジマッチ。

きっちりと借りは返させていただきましたよ。

ガベージタイム付きでね😉

 

それにしても、トレード直後とあって、両チームとも人がいないこといないこと。

ヒートは⬇️

バトラーも、ヒーローも、ソロモンヒルも、イグダーラも、クラウダーもおりません。

 

 キングスも⬇️

やはりホルムズはアウト。パーカーもレンもバグリーもアウト。

人数合わせでダキュンジェフェリーズが急遽呼ばれたくらいです。

 

キングスのインサイドはジャイルズとビエリッツアくらいしかいないので、心配でしたが、インサイド陣頑張りましたね。

時折、ハリバンもセンターに入るなどスモールラインナップのスクランブル体制。

序盤はリバウンドでアデバヨやオリニクに圧倒されるシーンもありましたが、まあ何とか踏ん張りました。

 

今日は、相手のゾーンに倒して、スリーが序盤から決まる決まる

ボギーは3p6/13、チーム全体でも3p19/44、成功率43.2%と高い数字を残し、あと2本で、先日のLAC戦で達成したフランチャイズ記録に並ぶところでした。

 

試合後にボギーが、ゾーンディフェンスに対して、パスを回して、空いてる選手を探して、スリーでうまく攻略できたと話してました。コーナーからのスリーもよく決まってましたしね。

 

そしてこの試合の影の殊勲者はベイズモア!

最初はオフェンスファウル連発で空回りしていましたが、ディフェンス面で大活躍。

105-92とキングスリードで迎えた4Q2:38、ビンセントのレイアップをブロック。

そして4Q1:59にも、デリックジョーンズをアウトオブバーンズに追い込むなど、勝負所での2つのディフェンスで、相手に行きそうな流れを食い止めました。

あそこでやられると、点差が一桁になり、一気に詰められていた可能性もありましたからね。大きかったですよ。

結局、4Q3:53でフォックスのフリースローで105点目を取ってから、試合終了まで4分近く得点がなかったわけですから。

あそこで守りきれたのは本当に大きかったです。

逆に言うと、フォックスはトドメを刺さないとダメですね。

しっかりとクローズさせる力を身につけて欲しいです。

 

 この勝利で、

ヒールドとボギーのスタメンを入れ替えてから5勝2敗。

スタッツもそれぞれ上がってますし、いい感じになってきているんじゃないですかね。 

 

あと心配なのが、ホルムズの回復具合。

ハムさんリポートでは、水曜日に、1/6のGSW戦での怪我のあと初めて接触プレーで練習し、感触は良かったそうですが、翌日、痛みを訴えて、接触プレーの練習を回避。全体の2割しか練習に参加できなかったそうです。

そして、今日も欠場。やはり肩の脱臼系は一筋縄に行かないんですよ。

特に接触の多い、インサイドのポジションは。リバウンドで争う時とか危ないんですよね。またやっちゃうんじゃないかという恐怖心も出てきますし、また脱臼する可能性は高いです。ファンとしては早く復帰して欲しいですけど、断片的に聞く情報では、やはり厳しそうです。

チームが好調なだけに、早く戻ってきて欲しいですけどね。

 

明日はB2Bでスパーズ戦。

またインサイド陣が手薄な上、B2Bとなると、本当に厳しい戦いになりそうです。

スリー攻勢で頑張ってもらうしかないですね。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村