サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ブレイザーズとのトレード断行

低空飛行中のキングス、今季初のトレード来ましたね~。

 

現地時間の土曜日の午後、ポートランドトレイルブレイザーズとトレードを行い、

SACからアリーザ、スワニガン、ガブリエル、

PORからベイズモア、アンソニートリバー、ドラフトの2巡目指名権

の交換となりました。

 

このトレードの背景と意図について、NBCスポーツカリフォルニアのJAMES HAM記者の分析によると

https://www.nbcsports.com/bayarea/kings/what-kent-bazemore-anthony-tolliver-trade-means-sacramento-kings

・低迷中のキングスはロスターの改善が必要

・トリバーは3年前にキングスにいてよく知っている。バグリーとビエリッツアがいるので、4番でプレーすることはそれほどないのでは。

ベイズモアは、アリーザより若く、攻守両面でエナジーを発揮してくれることを期待。

・彼は2016年に4年7000万ドルの大型契約をPORと結び、その最終年。来季、新たな契約を結ぶことが新たなモチベーションとなるはず。

・ボギーが戻ると、2番,3番のポジションはスリムになるが、ベイズモアの加入は、Change of paceをもたらす有益なベテランの加入となるかも。

・実は、このトレードの肝は、キングスがもらった2つの2巡目指名権。

・これでキングスが所有する2巡目指名権は、今後6シーズンで13個になる。

NBAドラフトは、2022年から年齢条件が18歳に引き下げられる。そうなると、宝の山を掘り当てる2巡目指名権に価値が出てくる。うまく使えば、若い潜在能力のある選手を獲得できる。

・PORはこのトレードでサラリーキャップとラグジュアリータックスを削減。1800万ドル以上節約できた。

・SACとPORにとって良いトレードだったのでは。SACは将来性も確保し、PORは財政的に安心感をもたらした

・キングスは、今後、デドモンのトレードにも動きそう。

というハムさんの分析でした。

ハムさん的には、2巡目指名権獲得を強調してましたね。意外です。

でも潜在能力のある若手を発掘するにはスカウト力が試されますよ。

 

あと、来季、新たな契約を結ぶためのベイズモアのモチベーションにも賭けたと。環境も変えて、自分の契約のためでも何でもいいので、キングスに貢献してくれればありがたいです。彼のプレースタイルは、ペースアップに貢献してくれるんじゃないですかね。

 

トリバーは、シャンパート以降不在になっている(?)、ロッカールームのリーダー的な役割も期待したいですね。

 

デドモンのトレードの動きも今後ありそうですが、どうなることやら。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村