サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ヒューストンで10年ぶりの勝利 ロケッツ戦

キングス119-118ロケッツ

 

まずはネマニャ・ビエリッツアのブザビからご覧いただきましょうか。

 

もうわけわかんないっす。

信じられないっすね。

 

ネイピアーさんも得意のセリフで大興奮。

いただきましたー。

ネイピアーさんあざっす!

 

ネイピアーさんの実況をよく聞くと、

ビェリッツァがシュート打つ前に、

"to go home happy"

って言ってるんですよね。

ロード最後の試合で、まさにオーラス。

勝って気持ちよくホームに帰ろう、という意味でしょうか。いい実況ですよね。

ネイピアーさんの実況って、キングスファンとしてはいつも感情移入ができて、ストレスなく試合を見られるので、本当に大好きです。

 

それにしてもわかんないもんですね。

エストブルックが勝ち越しのレイアップを決めたときには、終わったと思いましたけどね。ヒールドはあっさり抜かれすぎだし、残り1.0秒しか残ってないし。

このツイートにあるように、ウエストブルックは決めた後

”GAME OVER”って言ってるし。

 

でも残り1.0秒でドラマがあったわけです。

みなさん覚えましたか?Nemanjaの読み方。

ネマニャですよ。

ネマニャ・ビエリッツアです。

はい。

試合前の選手紹介の時、ロードの試合では、この「ネマニャ」を発音できない場内アナウンサーが多いんですよ。

ネマンジャとかね。

 

そんなネマニャさんは、マブス戦でキャリアハイタイの30得点、

そして今日のロケッツ戦は17得点に、試合を決めるブザビスリー。

2夜連続の大活躍です。

 

 それにしてもわかんないもんですねー(今日2回目)

ロケッツに行って確変した、俺たちのベンマクレモアに、4Q残り22.7秒で勝ち越しのスリー決められたときは、

いやな恩返しだなーって思ったんですよ。

でもそこから粘りましたからね。

B2Bの2戦目なのに。

2日続けての8人ローテーションできついし。

まさか、スパーズにあんな負け方した後に、マブス、ロケッツに敵地で連勝できるとは思いませんでした。

しかも、ロケッツのお株を奪う、スリー成功20本というフランチャイズタイ記録のおまけつき。

毎試合フリースローを10本以上もらうハーデンを、FT8本に抑え、得点もハーデンにしては低い27点に抑えました。

 

これで強豪ウエスト遠征は2勝2敗の5分で終えました。

スパーズに負けたときは、全敗を覚悟しましたが、わかんないもんです。

ospina.hatenablog.com

あっ、そういえば、昨日のマブス戦の最後のドンチッチへのジョセフのプレー、あれファウルだったみたいですね。

official.nba.com

でもいいんです。

うちは、これまで誤審で2回やられてますから(ドヤ顔)

 

ロケッツに敵地ヒューストンで勝ったのも10年ぶり。

借金も3になりました。

いよいよバグリーも帰ってくるでしょう。

サクラメントに帰って、OKCとニックスの2連戦。

そのあとはロードで、今季絶不調のゴールデンなんとかウオーリアーズと対戦。

この3試合で一気に3連勝して、借金返済しちゃいましょう。

流れはキングスに来ています。

その流れをいかさないと。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村