サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

憎っくきレイカーズに惜敗

キングス97-99レイカーズ

 

◎昨年の再現ならず・・・

4Q残り5.5秒、97-99と2点のビハインド。

1年前のボギーのブザビの再現なるか、そう考えた人も多かったでしょう。

 

インバウンドパスをもらったハリバンは、ボギーをうまく囮に使ってドリブル開始。しかし、バランスを崩し、そのままシュート体勢に行くも、ADにブロックされて、万事休す。

 

ハリバンがバランスを崩したのは、レブロンが足を引っかけたのではないか?

 

 

何とも後味の悪い負け方になりました。

 

負けたくない、憎っくきレイカーズ相手だけに、余計に気分が悪かったですね。

 

決勝点になったレブロンフリースローを与えたハリバンのファウルも疑問が残ります。

ハリバンがレブロンにファウルする前に、レブロンの膝が、ハリバンの顎に当たっており、オフェンスファウルではないかと…。

 

 

2002年のウエスタンカンファレンス決勝のときもそうなんですけど、レイカーズとやると、あっちに有利なコールがちょくちょくあるんですよね。

試合後にヒールドも怒ってましたわ。

「1つのコールが試合全体を変えてしまった。どっちに転んでもおかしくなかった。ホームチームに有利な笛は往々にしてあるけどね、特にLAのチームは」と皮肉たっぷり。

そして、

「この試合はうちが勝ってたはず。持っていかれましたわ。かなわんわー」。

まあニュアンスとしてはこんな感じでしょう。

 

試合に戻りますが、

フリースロー9対22というのもね…。

レイカーズさんとやるときは、こういうのあるんすよ。王様レブロンもいるし。

フォックスがいれば、もうちょっとは取ってもらえたかもしれませんけど。

 

レイカーズとやるときは、レフェリーも含めた戦いになるので、厄介です。

レフェリーのコールに左右されないぐらいの点差をつけて、叩き潰さないといけませんね。

 

◎フォックス抜きでよくやってます

チームとしてはよく頑張ったと思いますよ。フォックス抜きで。バグリーもアリーザも居ない中で。

3ptの得点は48-33と大きく上回りましたし、リバウンドもほぼ互角。

やはり9-20というフリースローの差が左右しましたね。

 

ヒールドはFG6/15、3pt6/14のチームハイの21得点。

でもヒールドにも猛省を促したい。

特に4Qのディフェンスはいただけません。コールドウェルポップにやられすぎでしょ。

パスミスでターンオーバーはするわ、シュートは入らんわ、足引っ張りすぎです。エースがこれじゃ勝てません。

 

今後、レイカーズとの対戦は、

2/2と4/5にホームで、4/15にアウェーでと、次は3ヶ月後です。その頃には、フォックスもバグリーもいるでしょう。万全な状態で、レイカーズをやっつけてやりましょうや。

 

◎次は強豪セルツをホームに迎え

キングスは落ち込んでばかりではいられません。

次は10連勝中、リーグ勝率1位のセルティックスをホームに迎えます。ウエスト1位の後は、イースト1位ですよ。キッツイすね。

そのあとはサンズ、そして再び東海岸遠征と厳しい戦いが続きます。

フォックスは年内復帰は絶望的。復帰は年明けになるでしょう。バグリーは12月上旬には復帰できると願っております。2人が帰ってくるまで、何とか5割近くをキープして、プレーオフの可能性を残しておきたいところです。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村