サクラメンタリストの憂鬱

16年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

キングスな人たち PART1

キングスファンが以前より増えてきたなあ〜と感じる、今日この頃。

 

フォックスやヒールド、バグリーなどの若手コアに期待が大きいんでしょうかね。

いいことです。私は嬉しいです。

なんせサクラメントカリフォルニア州の州都でありながら、田舎で、チームもドアマットで、長年低迷してますからね。

 

そんな最近キングスファンになった人や、興味を持ち始めた人たちのために、キングス界隈の登場人物を紹介していきたいと思いますね。

 

題して

キングスな人たち!

 

1回目の今日はフロント編です。

 

◎オーナー

ビベク・ラナディーベ

 

インド出身の経営者。TIBCOというソフトフェア会社の創業者で、シリコンバレーで財を成す。

NBAとの関わりは、2010年にウォーリアーズの共同オーナーになったのがきっかけ。

そして、2013年に、当時のサクラメント市長のケビンジョンソン市長から要請を受け、共同出資グループの一人として、ラルーフ兄弟からキングスを買収。キングスのシアトル移転からチームを救った恩人。

2013年シーズンのホームオープナー時のスピーチ、

THIS IS YOUR TEAM!

(as you wanna stay)

は、キングス史上に残る名スピーチ

 

 

GMやHCの人事ではあまりうまくいっていない感じだが、チームを救ったという点で、市民からの信頼は厚い(はず)。

 

ちなみに、娘さんは、シンガーソングライターで、シングルも何枚か出している。

シューター好きで、カズンズとヒールドのトレードの時は、オーナー自身がヒールドを強く希望したとの噂も。

 

インドのムンバイ出身、プレシーズンマッチでは、故郷でキングスとペイサーズの試合を行い、NBAの国際戦略に貢献するとともに、故郷に錦を飾った。

その一方で、チームはキャンプを満足にできず、疲労も蓄積し、開幕ダッシュに出遅れたと、ルークの言い訳の材料にされる?

 

試合中は、コートサイドの最前列(ベンチと反対側)でよく見ている。気の良い、優しそうなお爺ちゃんって風情。

 

といった感じで、時間あるときに紹介していきますので、よろしくお願いします。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村