サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

ここ10年で最強のロースター?

NBA開幕まであと3日になりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

ヒールドとの契約延長のデッドラインは、日本時間の22日火曜の朝7時。こちらも気になりますよね。

あと、ロースター15人の締め切りもあるそうで、これも日本時間の火曜朝6時と迫っています。ということで、キングスはロースターの整理をしました。

 

◎頑張れユリス

チームは、日本時間の今朝、タイラーユリスとホーリストンプソンをウェイブ。ロースターは2way契約の2人を除き、15人になりました。

ユリスは足首の故障もあって、プレシーズンマッチは出場なし。キャンプでもほとんど練習できなかったそうです。Gリーグのストックトンに行くそうですが、そこでリハビリしながら、また活躍してほしいと思います。まだ23歳ですし。

 

◎サプライズはライドン

前に記者会見で、ウォルトンはロースターのメンバー選考でサプライズがあることを匂わせていました。

もしかしたら、またシャンパートでも帰ってくるのかなと、淡い期待を抱いてましたが、全然違ってましたね。

 

そのサプライズは、タイラーライドンでした。

ライドンは2017年のドラフトで1巡目24位でジャズに指名され、あのドノバンミッチェルとのトレードで、ナゲッツへ行き、この2年で25試合の出場にとどまっています。ポジションはPFで、腰の怪我もあり、プレシーズンマッチもそれほど出てません。

まあ、まだロースターの締めきりまで時間がありますから、どうなるかはわかりませんけど。

(10/22追記・結局タイラーライドンもウェーブされ、ゲイブリエルが2way契約から本契約に)

 

◎ここ10年では最強のロースター?

現時点でのロースターはこうなりました。

PG:フォックス、ジョセフ、ヨギ

SG:ヒールド、ボギー、ジェームズ

SF:ハリバン、アリーザ、ライドン

PF:バグリー、ビェリッツァ、ジャイルズ 

C:デドモン、ホルムズ、スワニガン

2way契約:ゲイブリエル、カイルガイ

 

ジャイルズの怪我の状態が心配ではありますが、ジョセフやアリーザも開幕オッケーということで、ほぼ全員が開幕戦でプレーできそうです。

 

2005-06シーズン以来、13シーズン連続でプレーオフから遠ざかっているキングスですが、今季のロースターは、ここ数年ではもっとも充実しているんじゃないですかね?

フォックス、ヒールド、バグリーのヤングコアに、アリーザやジョセフのベテランもいて、ハリバンやボギーといった渋めの実力者が脇を固める。バランスのとれたロースターになったと思います。セカンドユニットも充実して、層も厚くなりましたし。

 

ヒールドの去就やジャイルズの怪我の具合など不安要素もありますが、今季はかなりやってくれそうな予感がします。

 

プレーオフに行けるかどうかではなくて、行かなくてはならないんです!

 

今季は絶対プレーオフ行けると信じてます。

いろんなメディアの予想でキングスがプレーオフに行くと予想している評論家は多くないですが、アッと驚かせてやろうではあーりませんか。

頼むぜ、キングス!

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村