サクラメンタリストの憂鬱

16年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

バグリー オールルーキーファーストチームに選出!

どもども。

プレドラフトワークアウトも始まりましたね。

2巡目指名なので、そこまで大きな注目はありませんが。

FA戦線も、トバイアスハリスを狙ってるとかどうとか噂もぼちぼち出てますね。ハリス、いいんじゃないですか。サラリーキャップを圧迫しそうですが…

 

さてさて、今日の話題はなんと言っても

 

バグリー オールルーキーファーストチームに選出です!

 

パチパチパチパチ👏👏👏👏

 

ドラフト1巡目2位指名のルーキー、我らがバグリーは、今季62試合に出場し、平均14.9得点、FG50.4%、3pt31.3%、7.6リバウンド、0.95ブロック、平均25.3分のプレータイムという成績を残しました。

もっとやれたかもしれませんが、ケガもあったので、仕方ないでしょう。存在感は抜群でした。

キングスからのファーストチーム選出は、2年前のヒールド以来8人目です。

 

オールルーキーファーストチームは

 

Cデアンドレエイトン

Fマービンバグリー

Gルカドンチッチ

FジャレンジャクソンJr.

Gトレーヤング

 

と、去年のドラフト上位5人がそのまま選ばれました。

 

◎花の84年組に並ぶ

ドラフト上位5人がそのままオールルーキーファーストチームになるのは、1984-85シーズン以来らしいです。

そのときのメンツは、

 

Cハキームオラジュワン

Cサムブーイー

Gマイケルジョーダン

Fサムパーキンス

Fチャールズバークリー

 

サムブーイーを除けば、いずれもNBAで1000試合以上出場したレジェンドです。言わずもがなですが。ファイナルにも出てますし。

 

今回のルーキーたちも、後世に名を残す活躍をしてくれることでしょう。バグリーには、キングスを悲願のファイナルに導いてほしいですね。

 

◎過去のキングスからの選出は

ちなみに、過去のキングスからの選出された選手は、

2017-18の去年、ボギーがオールルーキーセカンドチームに、

2016-17のおととし、ヒールドがオールルーキーファーストチームに、

2015-16は、コーリースタインがオールルーキーセカンドチームに、

2011-12は、アイザイアトーマスがオールルーキーセカンドチームに、

2010-11は、カズンズがオールルーキーファーストチームに、

2009-10は、タイリークエバンスがオールルーキーファーストチーム&新人王に、

エバンスは残念なことになりましたが😹)

 

2000-01は、ヒドターコルーがオールルーキーセカンドチームに、

1998-99は、ジェイソンウイリアムスがオールルーキーファーストチームに、

1995-96は、タイアスエドニーがオールルーキーセカンドチームに、

1994-95は、ブライアングラントがオールルーキーファーストチームに、

1992-93は、魔術師ウォルトウイリアムスがオールルーキーセカンドチームに、

1990-91は、ライオネルシモンズがオールルーキーファーストチームに、

同じくトラビスメイズがオールルーキーセカンドチームに、

1987-88は、ケニースミスがオールルーキーファーストチームに

 

と、結構キングスから選ばれてるんですね。

まあ、成績が下位ですから、ドラフト上位指名で選手を獲得してるので、必然的にそうなってるんでしょうけど。

とにかくバグリーにはガンガンやってほしいですね。

 

そうそう、バグリーは、オールNBA3rdチームにも1票入ってたみたい。

いつかは1stチーム入りだー!

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村