サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

キングスのいないドラフトピック

どうもお久しぶりです。みなさん元気してますか?

キングスファンとしては、プレーオフもドラフトも関係ないオフは暇ですね。

でも、ラプターズシクサーズの第7戦は見ましたよ。レナードのゲームウイナー凄かったですね。リングに跳ね返って入るところがまたドラマチックですわ。

 

プレーオフであんなしびれるブザビをまた見たいっすね。

2002年のウエスタンカンファレンス決勝第5戦、レイカーズ戦でのビビーのゲームウイナーや、2006年のプレーオフファーストラウンド、スパーズ戦のケビンマーティンのブザビレイアップとか、またあんなしびれるブザビ&ゲームウイナー見たいっすね。

 

◎キングスのいないドラフトなんて

さてさて、そんな大昔の思い出話はさておき、昨日、NBAドラフトロッタリーが行われました。

去年の今頃は、まさかの2位指名へのジャンプアップに狂喜乱舞しましたが、今年は指名権がないため、寂しさすら覚えました。 去年は、ドラフト当日までの1か月間、ドンチッチだの、バグリーだの、エイトンだの、いろいろシミューレーションするのが楽しかったですね。アメリカのプロスポーツって、こうやってシーズンオフも盛り上がれる仕組み作りが素晴らしいです。

 

◎まさかのペリカン

さて、今年は新たな当選確率が導入されて初めてのロッタリーピック。

全体1位をゲットしたのは、下から数えて7番目のまさかのペリカンズでした。

全体1位=ザイオンですからね。

ニックスは残念でしたね。ニックスは諦めてないでしょうけど。ザイオン自身もニックスに行く気マンマンだったようですし。

 

ペリカンズは、この指名権でそのままザイオンをとれますし、ADとこの1位指名権という超ビッグなカードを使って、トレードも画策できますし、これからかなり忙しくなりそうですね。

 

◎タンクはあかんということ

成績下位3チームのニックス、キャブス、サンズの全体1位の当選確率はそれぞれ14.1%、トップ4に入るチャンスが52.1%もありました。 しかしキャブスとサンズはトップ4にも入らず、ニックスは、トップ4ピックに入りましたが、全体3位に終わりました。 これが新システムなんでしょうね。

 

安易にタンクに走っちゃだめだよと。

 

成績が悪いからといって、ドラフトの指名順が有利になるわけではないことが、今回のドラフトでよくわかりました。 逆にレイカーズなんか、トップ4に入る確率が9.4%しかなかったのに、全体4位指名ゲットですからね。キングスファンからすれば、あんまり気分良くないですわ。

 

◎またウエストが

それにしても、今回のドラフトはウエストのチームが得した感じですね。トップ4に3チーム(ペリカンズ、グリズリーズレイカーズ)も入ってますし。 キングス的には、ボストンに渡したドラフトピックが、ロッタリーの中で一番低い順位(14位)になったのは、せめてもの救いですが・・・。

 

ほとんど可能性はなかったんですけど、キングスが全体1位ピックを奇跡的に引いてたら、実は指名権がシクサーズに行ってたんですよね。2位から14位の場合のみセルティックスに行くということで。そのことについて、キングスのツイッター公式が、レナードのブザビの映像をパロって、シクサーズを皮肉ってました。説明が面倒くさいので、割愛しますけど、おヒマな方はキングスのツイッター公式見てください。

 

それではまた。

GO KINGS!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村