サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

どうなるコーリースタイン

www.sacbee.com

◎コーリースタインの発言の真意は?

サクビーのジェイソンさんの記事によると、先日のロケッツにボロ負けしたあと、ロッカールームでのコーリースタインの発言がちょっとした話題になったとのこと。

 

12人のレポーターが囲む中で、WCSがバグリーに対して、

“I can't wait to get out"

と言ったそうです。

この発言が、

この夏に無制限のFAとしてキングスを出たがっているのか、

それとも単にロッカールームを出たがっていたのか、

今シーズン残り少ないこの時期の発言だけに、その真意が注目されました。

 

後に、その発言はただ単にロッカールームを出たかったという意味で言ったと、本人が説明したそうですが、コーリースタインはほんとシーズンオフどうなるんですかね?

 

とにかく安定感がない選手ですからね、使いづらいんですよね。試合を難しくしてしまうことが多々ありました。

フリースローも入らないし、気持ちのムラも大きいし。

素質があるのはわかるんですけど、キングスで4年間見てきましたけど、プレーが気持ちに左右されすぎ。

再契約は難しいのではないでしょうか。

そうなると、残り試合少ないですが、キングスのユニフォームを着てプレーするWCSの姿を見るのは、もう見納めかも。

 

www.sactownroyalty.com

◎コーリーブリュワーのGJ

サクタウンロイヤリティのこの記事によると、

コーリーブリュワーは、2017-18のシーズン後半にサンダーでプレーした際、レイカーズ行きの噂があったポールジョージに対し、レイカーズ行きを勧めなかったそうです。

ブリュワーは、サンダーに入る前にレイカーズをウェイブされたばかりでした。

 

ブリュワー、GOOD JOB!です。

本人もレイカーズの中にいて、ウェイブされたこともありますけど、居心地の悪さを感じてたんでしょうね。

 

そんなブリュワーが、2度にわたる10日間契約の末に、キングスと本契約を結んでくれて良かったですわ。ベテランとして若手にアドバイスもくれてるでしょうし、プレーもハッスルプレーが多く、おとなしいチームにガッツとエナジーをもたらしてくれました。いい補強でしたね。やっぱりこういう存在は必要ですよ。シャンパートがいなくなった後でしたし。来季はどうするんですかね。余裕があれば、ぜひ契約してほしいですけど。

 

◎残り4試合ラストスパート

さあ、今日はキャブス戦です。ロケッツ戦で惨敗した後の試合、うまく立て直して40勝以上目指してほしいです。

キャブスは今季わずか19勝、現在6連敗中、取りこぼしはいけません。

とにかくこのキャブス戦とペリカンズ戦のホーム2試合は必ずモノにして、ジャズかプレイザーズのロードどちらかに勝利して、勝率5割を達成してほしいです。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村