サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

神様仏様フォックス様 ニックス戦

kings(33-32)102-94knicks(13-53)

 

◎聖地マジソンスクエアガーデン

ビッグアップルNY、聖地マジソンスクエアガーデンでの試合。やっぱりここは特別な感じしますよね。野球でいう甲子園みたいな。ユーイング率いるニックスが、ジョーダンがいた時代のブルズと死闘を繰り広げた場所でもありますよね。

昔、テレビ朝日で「今夜は絶好調!」というドラマがありまして、舘ひろし演じるロックンローラーが、マジソンスクエアガーデンでライブをすることを目標に頑張るというストーリーなんですが、そのドラマを見て、マジソンスクエアガーデンは聖地なんだと、幼心に刷り込まれましたね。

 

この日は、夜に、NHLのNYレンジャーズの試合がマジソンスクエアガーデンであるということで、正午開始となりました。

 

◎スロースターター

立ち上がりはいきなり0-7と大きくリードされる展開。

デニスミとジョーダンの、ピックアップロールに対応できず、シュートも入らず。1Q残り4:39で、9-24と15点もリードされてしまいます。

ディフェンスも酷いですが、開始7分21秒で9点しか取れないオフェンスもどうなんですかね。

スタメンは、またフォックス、ヒールド、ボギー、バーンズ、WCSのスモールラインナップでしたが、ボギーとWCSが下がって、ビェリッツァとジャイルズが出てきてからようやくリズムを掴みましたからね。

 

◎時差に苦しむ?

でも、スロースターターなのは仕方なかったのかもしれませんね。

東海岸の時間でお昼の12時試合開始でしょ。パシフィックタイムでは朝9時ですからね。アメリカの時差調整では、西から東に行くのはキツイってよく聞きますよね。メジャーリーガーでも、誰か日本人選手がそんなこと言ってたような覚えがあります。キングスの選手たちも、まだ体が西海岸時間で、起きてなかったんじゃないですかね。

 

◎ビェリッツァとジャイルズ

スロースターターの中、ビェリッツァは良かったですね。今日は13pts、10rebのダブルダブル。ブロックも2つ、攻守ともに大活躍で勝利に貢献してくれました。

ジャイルズもチームを喝を入れてくれました。数字上は、6pts、5rebと大したことないんですが、オフェンスリバウンドに突っ込むパワーや、1on1でも積極的にリムに向かっていく姿勢は、チームにエナジーをもたらしました。WCSも見習ってほしいですね。

この2人の活躍もあり、第2Q残り2:12でようやく勝ち越しました。

最大15点リードを許した前半、FG成功率も32%と低調でしたが、終わってみれば、何とか2点リードで前半終了。リードして終わるのが不思議なくらい低調なパフォーマンスに見えました。

 

◎課題のセカンドユニット

前半4/14だったスリーが、後半はよく決まるようになりました。3Qだけで5本も決まり、3Q終盤に突き放して、12点リードで最終Qを迎えます。

でも、ここでリードを溶かしちゃうんですね。やはりセカンドユニット厳しいですね。

プラスマイナスでいうと、ヨギ、ボギー、ブリューワーはマイナスなんですよね。

バグリー不在の影響はセカンドユニットに大きく出ている感じがします。彼がいるといないとでは、全然違います。遠征には帯同しているようですが、無理させないかもしれませんね。

イェーガーもセカンドユニットを我慢して、4Q残り7分、2点差に詰められるところまで引っ張りました。難しい判断ですよね、あんまり早くスターターを戻しすぎると、クラッチタイムで疲れますし。タイムアウトの取り方で、間をうまく取ることも大事なんですが、イェーガーはTOの取り方はあんまり上手くない感じはします。

ニックスでは、前回の対戦でもそうだったんですが、トリアーって選手によくやられてました。彼はフリースローを外すので助かっている部分がありますが、ボールプッシュされてファウルをおかすケースが多いですね。

 

◎フォックスさまさま

結局、12点リードを溶かされ、4Q残り6:06には87-89とついに逆転されてしまいます。

ここでチームを救ったのはフォックスです。今日はマジで凄かった。

 

残り5:54に同点のショット。

また勝ち越されても、残り5:03に20フィートの逆転のプルアップショット。

そして残り3:09には、リードを広げる21フィートのプルアップショット。

1点差に迫られた残り2:24には、エンワンのスリーポイントプレー。

残り1:22には、またもエンワンのスリーポイントプレー。

なんと、試合終盤キングスが挙げた15得点のうち12点をフォックスが決めて、チームを勝利に導きました。12/7のキャブス戦の31ptsにつぐ、30得点、8アシストの大活躍でした。

まさにフォックス様様。神様、仏様、フォックス様です。

ここまで試合を支配できるようになると、スーパースターの階段をまた一段上った感じがします。

 

◎今季最後の東海岸ロード遠征

今季最後となる東海岸遠征の4連戦。最初を白星で飾れてよかったです。この勢いでウィザーズにも勝ってほしいですね。ヒールドはロード4連戦全部勝つつもりでいるようですが、バグリー不在の中では、2勝2敗で上出来。もちろんプレーオフ進出狙うなら、全勝が理想ですが、今日の戦いぶりを見る限り、BOSやPHI相手だと、一気に持っていかれそうな展開でしたし、現実は厳しいでしょう。でも選手は諦めてません。僕らも可能性がある限り、諦めずに応援していきましょう。

GO KINGS!

 

追記

バグリーは練習を再開したそうです。

この遠征にも帯同してますが、ホームに帰ってから満を持して復帰となるんでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村