サクラメンタリストの憂鬱

15年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

バディ、フォックス優勝ならず

オールスターウイークエンド2日目。

キングスファンにとっては今日が本番です。

 

スキルズチャレンジにフォックス、

スリーポイントコンテストにヒールドが出場しました。

ともに優勝が狙えるだけに期待が高まりましたね。

 

◎スキルズチャレンジはまさかの

まずはフォックスのスキルズチャレンジ。

スピードのあるフォックスは、戦前の予想でも優勝候補になってたようです。

組み合わせの結果、初戦でいきなりトレーヤングと対戦。スピードスター同士の対戦となりました。

 

序盤のチェストパスからレイアップと、フォックスが順調にリード。そして迎えた最後のスリーポイント。フォックスはそれほどスリーが得意ではなく、ここが1つの鬼門でした。

ヤングに差をつけて、余裕を持って打った1投目は入らず。2投目を投げようとするところに、ヤングが到着。両者ほとんど同時に打った2投目はなんと2人とも成功。

 

どっちのボールが先に入ったのか??

 

よくわかりませんでしたが、リプレイで見ると、ヤングのボールの方が軌道が低く、フォックスの打ったボールより早くネットに吸い込まれていました。

フォックスはわずかの差で逆転負け。悔しい敗戦となりました。残念でしたね。

このスキルズチャレンジは、結局、最後のスリーポイントが入るかどうかなので、序盤のチェストパスやレイアップ、ドリブルって、そんなに比重が大きくないんですね。

 

結局、優勝したのはテイタムでしたが、優勝を決めたショットはハーフコートショットでしたからね。ドンチッチもハーフコートから打ってましたし、今後もこの形式が続くようなら、ハーフコートから打つ選手が増えそうですね。そうなると、あんまり面白くないんですよね。一か八かの勝負になるので。スキルズチャレンジというくらいですから、もう少し、細かい技術が競えるような、昔のスタイルに戻してもいいのかな、と思いましたね。

 

◎ヒールドは惜しくも

続いてヒールドが出場したスリーポイントコンテスト。

とにかく出場選手が豪華。

去年優勝のブッカーに、王者ウォーリアーズからスリーポイントコンテストで優勝経験のあるステフカリー、そして弟のセス、さらにリラード、ケンバ、ダニーグリーン、ベテランのノビツキーまで、錚々たる面々です。今年から出場者が、8人から10人に増えたそうですね。

 

そんな中、1人目のジョーハリスがいきなり25点の高得点をマーク。ハリスは思わぬ伏兵でしたね。

 

ヒールドも1回目は頑張って、そのハリスを上回る26点をマーク。得点が2倍になるマネーボールを5個揃えたスペシャルラックの、得意の左コーナーから全部沈めました。一気にトップに躍り出ます。シーズン中の好調をキープしましたね。

 

しかし、そんなヒールドの高得点を上回ったのが、ステフカリーでした。無駄のないスムーズで華麗なフォームから27得点をマーク。

ステフ、ヒールド、ハリスが決勝ラウンド進出しました。

 

そして、決勝ラウンド。

ここでまた伏兵ハリスがいきなり高得点をマークします。彼は何と予選を上回る26点。予選に続いてマネーボールは全部決めました。

 

続いてヒールド。最初のボールこそ決めましたが、疲れがあったのか精彩を欠き、予選を大きく下回る19点に終わりました。

特に、正面から5本全部外したのが痛かったなぁ〜。右45度は3本、左45度は4本、左コーナーは4本入れていただけに残念。(右コーナーは2本のみ)

 

ちなみに、予選では、

右コーナー3/5

右45度4/5

正面3/5

左45度4/5

左コーナー4/5

 

2戦トータルだと、

右コーナー5/10 50%

右45度7/10 70%

正面3/10 30%

左45度8/10 80%

左コーナー8/10 80%

 

ヒールドは左よりからのシュートが得意なんですね。

 

◎優勝はまさかのハリス

優勝の行方は、ステフが26点を上回るかどうか。

しかし、さすがのカリーも一歩及ばず23点に終わり、ジョーハリスが初出場で初優勝を飾りました。

この選手、実はあんまり知らなかったんですが、今季47.1%もスリーポイントを成功させてるんですね。ネッツだと、ディアンジェロラッセルがいるので、あんまり目立たない存在ですが、こんな実力派がいたとは。

 

スリーポイントコンテスト見てると、やっぱり45度の角度からって難しいんですね。

得点2倍のマネーボールは、コーナーに置いてる人が多かったです。コーナーって、距離感が合わないと難しいイメージがあるんですが、エンドラインに沿って打てばいい分、方向性は合わせやすいんでしょうかね?

 

いずれにしろ、キングスからは、2002年、2003年のスリーポイントコンテストを連覇したストヤコビッチ以来の優勝はなりませんでしたが、あの豪華メンバーの中で3位に入ったヒールドは立派です。プレーオフにチームに導いてくだせえ。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村