サクラメンタリストの憂鬱

16年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

キングス 新HC探しスタート

長くて辛いキングスの今シーズンが終わりましたね。

主力抜きのサンズに勝って、ようやく30勝に到達しました。

こんな皮肉めいたツイートも。

迷オーナー、ラナディーベ就任後の9年間では、下から4番目の成績となる30勝52敗。

ミッチェルの活躍以外、何の収穫もないシーズンでしたね。

 

そして、今日、代理HCのジェントリーが、来季はHCとして指揮を執らず、新たなヘッドコーチ探しに入ったと、wojさんのツイート。

まあ、当然でしょうね。

ジェントリー爺さんは、ルーク解任後、それなりに頑張ったと思いますが、お役御免ということで、お疲れ様でした。

来季はフロント入りするそうで、新しいヘッドコーチをサポートしてくださいな。

 

その新たなヘッドコーチ探しですが、wojさんのツイートによれば、とりあえず6人ほどの名前が挙がってます。

アトキンソン、スティーブクリフォード、マークジャクソン、マイクブラウン、バックスのACチャールズリー、ダービンハムなどなど。

 

マークステインさんのツイートでは

テリーストッツやダントーニの名前も挙がってましたね。

プレーオフで敗退チームが出てくると、さらにそれらのチームからも候補者が出てくるかもしれません。

 

今日は、シーズン総括のメディア対応が行われていましたが、サボヤンがその会見で。

俺もヘッドコーチ探しの一助になりたい

と、彼の意向をチームに伝えたいとも。

いいじゃないですか、やる気になってくれてて。どんどん選手の意見を伝えてくださいな。

 

さて、昨日のサクラメントビーのジェイソンアンダーソン記者の記事はなかなか波紋を呼んでいるようで…

漏れ伝わってくる内容でも

2018年のドラフトで、ラナディーベとGM補佐のブランドンウィリアムズが、ドンチッチよりもバグリー指名を推し進めたとか、クラークソンのトレードが決まりかけてたのに、即決しなかったとか、いろいろとラナディーベがチームの足を引っ張りまくってるようです。

 

今まで、地元メディアはチームに忖度してか、あまり批判めいた記事を書いてこなかった気がしますが、さすがに16年もプレーオフから遠ざかってると、メディアもその責任の一旦はあるでしょう。チームとズブズブではなく、一定の距離感を保ち、チームの問題点と改善すべき点はどんどん指摘していかないとチームは変わりません。ああ、今年もダメだったね、ヘッドコーチ変えよう、誰誰の選手を取ろう、ではいつまで経っても変わりません。このチームの病巣はかなり深刻ですから。その点、昨日のサクラメントビーの記事は、ラナディーベの瑕疵を広く知らしめたということで、意味はあったと思います。これからもどんどん責任を追求し、本人は自覚させるくらい、攻める記事を出してほしいですね。

ハムさんも、NBCスポーツを離れ、チームとのしがらみがなくなった分、攻めるようになりましたね。先日のチェンゾの記事もそうですね。あの記事は、チェンゾ側のエージェントにうまく利用された感もなきにしもあらずですが、使えないホリデーをスタメンで起用し、チェンゾをベンチスタートにし続けたことは、誰が見てもおかしなことでしたからね。そこに突っ込んだこと自体は悪くなかったと思います。

 

とにかくプレーオフに行くために、オーナー、フロント、選手はもちろん、メディアも変わらないといけませんね。

あっ、ファンもか。(自戒を込めて)

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

キングスはバスケットボールの地獄か

どもども。

キングスの今シーズンも残り1試合となりました。昨日のクリッパーズ戦も何の見所もない消化試合でしたね。

今日のサンズ戦も意味ないでしょう。

そんな中、地元新聞のサクラメントビーのジェイソンアンダーソン記者の記事。

有料記事なので読めませんが、キングスの運営会社の元職員が、ラナディーベがいかにキングスを「有害な状態」、ダメな状態にしているかを、証言で明らかにしている記事だそうです。

 

やっぱりか、って感じですよね。

プレーインを逃すとこういう記事も出てきますよね。アンダーソン記者も出しどころのタイミングを伺っていたんでしょう。

その情報筋は、匿名で証言していますが、ドラフトやトレードデッドラインで、オーナーが口出ししてくるそうです。機能している組織なら、それぞれのプロパーを雇い、それぞれが仕事を全うするわけですが、キングスの場合は、オーナーが過度に干渉し、そのオーナーに取り入れられようとする者もいて、お互いがお互いを信頼できない状況だったと。

それじゃ、組織として機能しませんわな。

ワンマン社長のいる、田舎の中小企業ですわ。

優秀な人材もいたそうですが、離れていったり、クビになった人もいたそうです。

まさにbasketball hellですな。人材の墓場です。

 

さらに、ジェームスハムさんからはこんな記事も。

ディビンチェンゾと、彼のエージェントたちは、キングスに対して満足していない、不信感さえ抱いてると。

チェンゾがスタメンではなく、プレータイムも制限されていたのは、フリーエージェントで、チェンゾの価値を抑えるためだと見ています。チームとしては再契約したいのはわかりますが、こういうことをするチームに対して、選手が契約したいとは思わないでしょうね。

それが表沙汰になった今、チェンゾとの再契約は難しいのでは。

本当、やり方が汚いというか、下手くそですね。

 

ハムさんがやってるKING BEATでも言ってましたが、ラナディーベは、サクラメントに新アリーナを建設し、ダウンタウン地域の再開発も行ったことは、評価されるべきだとしています。

しかし、チーム作りは不安定で、ラナディーベの在任中の9年間でヘッドコーチは6人、来季は7人目となる予定です。複数年の契約で途中解約もあったため、ルークもそうですが、ほとんどのシーズンで複数のヘッドコーチにサラリーを支払ってる状態なんですね。

さらに、ハムさんが言うには、ルーク解任の際に、残り試合を誰が指揮をとるかで、オーナーとマネージメント側で意見が分かれていたとも。結局は、ジェントリーが代理監督となりましたが、どう意見が分かれていたんでしょうね。

ハムさんは、ラナディーベはチームを売却したり、辞任したりする必要はなく、チーム運営に対してアプローチを変え、もっと部下を信頼しろと言ってます。

 

今日でキングスはシーズンを終え、長い長いオフシーズンに突入します。

プレーオフというお祭りに16年も参加できないキングス。来年こそ、チームは変わるんでしょうか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

キングスの次のヘッドコーチは

どもども。

残すところは2試合。プレーインレースからも離脱して、もはや見るべきところもありません。ジェントリー爺はケイタもほとんど使いませんし。

 

さて、そんなキングスの今後の焦点はヘッドコーチ人事です。地元ラジオのKHTKでも、その話題になってましたね。

カーマイケルデーブさんによると、マクネアーたちキングスフロントは3人の候補に狙いを定めてるようです。

1人目がケニーアトキンソン

2人目がマイクブラウン。

3人目がスティーブクリフォード。

です。

ケニーアトキンソンは、現在GSWのアシスタントコーチ。その前はクリッパーズでACでした。

その前はネッツで4年間HCを務め、118勝190敗の勝率.383。2018-19シーズンにプレーオフまでチームを導いてます。

成績自体はあんまり良くないように見えますが、アトキンソンが就任した当時のネッツは草木も生えないような焼け野原状態。ケビンガーネットやピアーズのトレード絡みで、指名権すらない状態から、20勝台のチームをわずか3年目でプレーオフに導きましたからね。今のキングスには最適な人かもしれません。

ディアンジェロラッセルがアトキンソンのもとでオールスター選手に成長したように、フォックスもアトキンソンの指導でそうなってほしいですね。

 

続いてのマイクブラウンは、現在GSWのAC。この記事ではアソシアートコーチになってます。ヘッドコーチとしては、キャブスとレイカーズで通算8シーズン、347勝216敗の勝率.616という見事な成績。2006-07シーズンには、イースタンカンファレンスのチャンピオンになってます。(ファイナルでスパーズに0-4でスイープ)

あのレブロンが、マイクブラウンにディフェンスのマインドを叩き込まれたというほどですから、もし就任すれば、ザルザルディフェンスのキングスにディフェンスのマインドを叩き込んでくれることでしょう。

去年はニックスのヘッドコーチ候補にもなってましたが結局シボトーに。GSWのナンバー2の座に満足してるという噂もありますが、キングスで一からチームを作る仕事に魅力はあるのでしょうか?

 

3人目のスティーブクリフォードは、昨シーズン、マジックのHCを務めていました。マジックでは昨季まで3シーズン、その前はシャーロットで5シーズン、計8シーズンで292勝345敗、勝率.458、プレーオフには4回進んでます。

今はネッツのコーチンコンサルタントをしてるみたいですね。正直、どんなバスケするかはよくわかりません。見た目はジョージカールに似てますね。現在60歳で、歳もそこそこ取ってます。

 

この中に名前は出てませんが、キングスファンの間では、レイカーズのフランクフォーゲルが人気のようですね。今季のレイカーズの不振のスケープゴートにされてるようですが、あれはフロントのせいでしょう。可哀想に。

 

マクネアーは、トレードとドラフトではまずまずの成果を残してますから、彼のヘッドコーチ選択にもある程度は信頼してもいいでしょう。

私としてはアトキンソンを選んでほしいですね。

もうプレーオフ不出場は16年で終止符を打ち、新たな時代をアトキンソンのもとで築いてほしいですわ。

頼みますよ、マクネアーさん。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

サクラメントにとって悲しい日

キングス90-109GSW

 

ついにこの日が来ましたね。

正式にプレーインからエリミネートされました。

16年連続プレーオフ不出場のNBA新記録達成です

 

試合終了の瞬間、ゴールデンワンセンターは大差がついていたこともあり、試合中に席を立つ人もいて、客席はまばら。16年の低迷を象徴するような、寂しい光景でした。

 

今日のサクラメントはバスケットどころではなかったかもしれませんね。

現地時間の3日未明、まさに試合日の朝を迎える前です。ゴールデンワンセンターのあるダウンタウンで、銃撃事件が発生。6人が死亡するなど、痛ましい時間となりました。日本のテレビでも大きく報道されていましたので、ご存じの方も多いかもしれません。事件現場はまさにゴールデンワンセンターの目と鼻の先です。複数人と言われる犯人も捕まっていません。

そんな中での試合開催です。

試合前には、場内の照明を消し、犠牲者に対して黙祷が行われました。

会場に足を運んだ観客の方は、身の危険を感じながらも、キングスのプレーイン進出を信じて、わざわざ応援に来てくれたと思います。

そんな中、試合は、48分中45分ずっとリードされる一方的な展開で、カリー、トンプソン不在のGSWに29点差で敗れました。

フォックス、サボニスは出場しませんでした。

 

ここまでジェントリーは、フォックス、サボニスが残り試合を全休させるかどうかについては、報道陣から質問を再三受けていましたが、明言を避けてきました。

恐らく、エリミネートが正式に決まったので、2人の全休を発表するでしょうね。

実際は、2人が怪我した時点で、今季全休させたんでしょうが、数字上、プレーインの可能性が残っていたので、そうしなかったのでしょう。

 

しかしまあ、返すが返すも、中途半端な戦い方でしたね。

こうなるのは分かってたのに、何でペイサーズとマジックとロケッツに勝ってしまったんだと。

この間、ロッタリーの順位が5位から7位に落ち、ドラフトでTOP4に上がる確率が10.1%、トップになる確率が3%下がりました。

ホルムグレン、バンケロ、ジャバリスミス、ジャデンアイビー、うちとはご縁がないかも。

 

収穫といえば、ミッチェルが活躍したことくらいでしょう。しかし、ミッチェル以外では、若手にプレータイムを与えるわけではなく、ベテランやジャーニーマンにたくさんのプレータイムを与えて、若手の育成もできませんでした。

 

現在のキングスのロッタリー順位は7位です。

f:id:ospinatan:20220404133053j:image

うちは残り試合全部負けると思いますが、それ以上にPORも負けるので、7位で決まりでしょう。

でも、この7位って意外にラッキーな枠らしいですね。

去年もラプターズが7位でしたが、ロッタリーで4位にジャンプアップ。未来のオールスター候補、スコッティバーンズを運良く獲得しました。

その前の2020年も、7位のブルズがロッタリーで4位にジャンプアップ。パトリックウィリアムズを獲得。

そして2019年には、ペリカンズは7位だったにも関わらず、ロッタリーで何と1位にジャンプアップ。ザイオンを獲得しました。

さらに、2018年には、我がキングスが7位からロッタリーで2位にジャンプアップ。この時は、たしか、フォックスがクジを引いたんでしたかね。ドンチッチをスルーしてバグリーを獲得。物議を醸しましたね。 

 

ということで、7位は4年連続でロッタリーでジャンプアップしてるんですね

まさかマクネアーはそのことを知ってて、7位を狙ってたのも。

そんなことあるわけないか。

まあ、キングスがくじを引いても、8位に落ちるだけでしょう。

 

さあ、今日でキングスのオフシーズンが開幕です。来年こそこの不名誉な記録をストップできるか。それとも記録更新か?

MLBマリナーズの20年があるから、とか悠長なことを言ってたら、ラスベガスにフランチャイズを持っていかれますよ。

残された時間はそれほど多くないと思います。

それをキングスの関係者がどれだけ認識してるか。してないかもね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

 

キングス大記録達成前夜⁈

どもども。

我らがサクラメントキングス。

表向き?はプレーインを目指してますが、早ければ日本時間の明日(4日)にも、プレーインからのエリミネートが決まりそうです。

つまり、NBA新記録となる、16年連続のプレーオフ不出場が、ホームの観客の前で達成されるわけです。

 

それには条件があって、

・スパーズがブレイザーズに勝ち

・キングスがGSWに負ける

と、明日決まります。

ホームの観客はどんな反応を見せるんでしょうか?

温かい励ましの拍手なのか?

ブーイングなのか?

はたまた何の反応もなしか?

何だこうだいいながら、SACのファンは温かい反応を見せるような気もしますけど。負けに慣れているので、何の反応もないかも。

 

しかしまあ、改めて見ると、長いですね。

f:id:ospinatan:20220403085637j:image

この16年、ヘッドコーチは、暫定、代理も含めて11人。

もちろん勝ち越しは一度もなし。

最高成績はイェーガー時代の2018-19の39勝43敗。終盤まで5割をキープして、プレーオフ争いをしていただけに、残念なシーズンでした。

ディバッツが、そのイェーガーを切り、ルークウォルトンを迎えたところで、また暗黒時代に逆戻り。もし時計の針を戻せるなら、ラナディーベが切るべきは、イェーガーではなく、ディバッツでしたね。フォックスも2年目で、あそこでプレーオフを経験できていれば、その後の成長曲線は違った描き方をしていたでしょう。

 

結局、ディバッツのお友達のルークに任せて、成績は降下。そのルークもディバッツも志半ばでチームを去り、いまや暫定HCのジェントリー爺が指揮をとっている体たらく。

相変わらずキングスは迷走してます。

 

しかし、アメリカのメジャープロスポーツでは、上には上がいるんです。

メジャーリーグに目を転ずれば、シアトルマリナーズが20年連続でプレーオフ不出場という記録を継続中です。

f:id:ospinatan:20220403090659j:image

意外ですよね。

イチローが加入した初年度の2001年度からですからね、長すぎます。

マリナーズって、そんなに弱いイメージはないんですよね。

この20年のうち9回も勝率5割以上で、しかも去年も含めて90勝以上が3回もありますし。それでもプレーオフに進めないのは不運としか。

同地区内に、アストロズ、アスレチックス、エンゼルズ、レンジャーズといった強いチームが多いのも厳しいですね。アストロズはここ20年で4回もワールドシリーズに行って、そのうち1回優勝してますし。

 

話をキングスに戻すと、もちろん、まだプレーインからの脱落が決まったわけではありません。

残り試合をキングスが全勝し、スパーズが残り試合を1勝以下、レイカーズが3勝以下なら、奇跡的にキングスがプレーインにいける可能性は残っています。

その運命のGSW戦ですが、

残念ながら、フォックス、サボヤン出ません。

ある程度、予想してましたが。

 

あくまでも私見ですが、フォックスの怪我の状態はそんなに深刻ではないと思うんですよね。

怪我した試合でも、最後までプレーしてましたし、利き手の左手でもないので、プレーしようと思えばできなくはないとみてます。

 

プレーインを本気で目指すなら、ここでフォックスを出してもいいのかなと、思いましたけど、やはり出さないんですね。(実際の怪我の程度は分かりませんよ)

ガッカリです。

 

だったら、ペイサーズ、マジック、ロケッツに勝たなくてよかったのでは、と思うのは私だけではないでしょう。

そこで中途半端に勝っちゃうから、ロッタリーでもペイサーズブレイザーズに抜かれて、7位まで落ちてしまう情けなさ。

もしかしてあれか?

プレーイン目指してますという、ファン向けのポーズか?

 

だったらフォックス出せよ。

プレーインは諦めて、本気でタンクするなら、ミッチェルを出さないくらいやらないと。

全て中途半端。プレーインも行けない、タンクもできない。

一体、何がやりたいの?

ファン向けに体裁を整えたいのか?

 

こんなことしてるからいつまで経ってもプレーオフに行けないんだよ。

16年行けない理由がなぜわからないのか。

 

まだ可能性は残ってますが、今のメンツで全勝するのは無理でしょう。

見せかけの戦いなんて要らない。

最後までプレーインを目指す本気のキングスが見たかったよ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

ロケッツに19点差を逆転勝ち

キングス122-117ロケッツ

 

ロケッツに最大19点差を逆転勝ち。ロケッツとのB2Bを連勝し、遠征を終えました。

この遠征は5試合中4勝。タンクチームのペイサーズ、マジック、ロケッツに勝利。一応、プレーインを目指していることを示したことになるでしょうね。

 

1Qは26-41、一時は20-39と最大19点リードされます。2Qは31-21と盛り返して57-62で前半終了。3Qはお互い29-29で、ロケッツ5点リードで4Qに突入しますが、4Q早々、キングスが8-0のランをかますなどして逆転。結局、122-117で勝ちました。

 

何と言ってもこの試合はダミジョでしょ。

17リバウンド、6ブロックのキャリアハイの大活躍!

今のチームの中で、ミッチェルと並んで成長株ですね。といってももう26歳ですが。

来季、再契約して、サボヤンのバックアップセンターを務めてもらいましょう。

 

そして、ミッチェル。

今日も40分近くプレー。さすがに疲労が蓄積してるのか、FGは3/13の11得点と精彩を欠きましたが、その分アシスト10個記録して、初めてのダブルダブルを達成しました。

調子悪いなり、チームにアシストで貢献するあたりは、並のルーキーではないですね。

 

フォックスとサボニスがいない中、苦しい状況ではありますが、ミッチェル、ダミジョ、ライルズ、ハリバン、チェンゾといった選手たちがプロらしく諦めないプレーを見せてくれていることは、ファンとしては嬉しいですね。

 

さて、気になる今日の他のチームの結果です。

スパーズ勝ち

レイカーズ負け

ブレイザーズ負け

ということで、ブレイザーズさん、エリミネートです。

 

明日は我が身ですな。

 

順位表です。

f:id:ospinatan:20220402141413j:image

スパーズが32勝に到達。

うちが残りを全勝しても33勝にしか届かないので、スパーズは34勝すれば、うちは終わりです。

うちが一敗したら、スパーズは1つ勝てばうちは終わりです。

 

  SAC   SAS  LAL  

34勝   2-3   3-2

33勝 4-0    1-4    2-3

32勝 3-1    0-5    1-4

31勝 2-2             0-5

30勝 1-3

 

早くて、明後日月曜にはキングスのエリミネートが決まります。

日本時間の4/4月曜日の試合で

スパーズがブレイザーズに勝ち

キングスがGSWに負ければ

NBA歴代最長となる16年連続プレーオフ不出場の大記録が達成されることになります。

しかもホームの大観衆の前でね。 

 

スパーズの試合が朝8時から

うちの試合が朝10時からですので、もしスパーズが勝っていれば、うちはもう後がなくなるわけです。

 

NBAの不名誉な記録の金字塔が、まさに文字通り「ゴールデン」ワンセンターで達成されるという、洒落になってしまう事態が起こりうるわけです。

どこまで粘りますかね?

というか、本気でプレーイン狙うなら、そろそろフォックス出してもいいんじゃないですか?

 

今回の遠征で、ペイサーズ、マジック、ロケッツに全部勝っちゃったために、ロッタリーの順位でペイサーズブレイザーズを上回ってしまった以上、

今更負けても遅いんですよ。

 

うちが負けても、ペイサーズブレイザーズも負けるので順位は変わりませんから。

ブレイザーズなんて、ガチでタンクしてますからね。

うちは勝っても負けてもいいような戦いをして、中途半端に勝っちゃったから、ロッタリーでも7位という中途半端な位置にいるわけで。

 

もうここまで来たら、残り4試合全勝してもらわないと。だったら、フォックスは出せよ、と言いたいですね。

サボニスだって、再検査の結果が良ければ出せよと。

 

明後日のGSW戦、カリーもいないんだから、本気のメンバーで、本気で戦って、勝ってくれ。

せめて、サクラメントのファンの前で、不名誉な記録達成の瞬間だけは見せてくれるなよ。

そのくらいの意地は見せてほしい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

本気のキングスを見せてくれ

どもども。

本日、LALがジャズに負けましたので、

こうなりました。

f:id:ospinatan:20220401135006j:image

スパーズとLALが31勝45敗で並んでます。

順位は変わらずです。

 

ということで、

  SAC  POR  SAS  LAL  

33勝 5-0    6-0   2-4    2-4

32勝 4-1    5-1   1-5    1-5

31勝 3-2    4-2    0-6    0-6

30勝 2-3   

 

うちが残り5試合を全勝すれば、スパーズとLALが2勝4敗に終わった場合、33勝で3チームが並び、うちがタイブレークで有利なため、プレーインに行けちゃいます。

でも、ぶっちゃけ試合内容見ると、とてもプレーインを狙ってるような感じには見えませんけどね。

負けてもいいような選手起用といいますか。勝っても負けてもいいような試合してますよね。

もし明日、ロケッツに勝って、残り4試合になって、プレーインの可能性があっても、まだフォックスは出さないんでしょうか。

サボニスも、おそらく明日あたり再検査になりますが、結果次第では再び出る可能性もあります。

 

ファンとしては、フォックスとサボニスが復帰して、残り全勝してプレーインに滑り込むというシナリオを描いてるんだけどなぁ。

どこまで本気になってくれるのやら。

 

まあ、現実的な見立てとしては、

スパーズがこの後、ブレイザーズをホームに迎えて2連戦するので、そこで連勝。

うちは次のロケッツか、ホームでGSWに負けて、ジ・エンド。新記録達成の運びとなるか。

いい意味で、その見立てを裏切ってほしいですけどね。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村