サクラメンタリストの憂鬱

14年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

あー、7連敗 バックス戦

キングス115-128バックス

 

あー、7連敗。

このままだと、毎回同じタイトルになりますね。

明後日が「あー、8連敗 ネッツ戦」

その次が「あー、9連敗 ニックス戦」

その次の次が「あー、10連敗 ピストンズ戦」

そして、「ついにルーク解任!」

と行きますかね。

今から予言しておきましょう。

 

今日は最初から勝ち目なかったっす。

B2Bですし、そもそもバックスは苦手で、最近ずっと勝ってないし、インサイドに差がありすぎるし、手負いのキングスが勝てるわけがありませんよ。

 

まお、第1Qは25-28とそこそこ頑張ったんですけどね。2Qに42失点もして、そこからはもう追いつく気力も体力もありまへんわ。

 

昨日大活躍のバグリーは、最初の7分で7得点、3リバウンドと好調なスタートを切りましたが、2Qの最初5分で3つ目のファウルでベンチへ。それでも今日は29分の出場で12得点とまずまずがんばりました。

 

昨日40分もプレーしてヘロヘロのフォックスは、34分のプレーで13得点10アシストのダブルダブル。疲れで精彩を欠いてましたね。

 

今季初スタメンとなったジェフリーズは、チーム最長の40分もプレーして、FG5/13の18得点。キャリアハイですよ!

彼はオフェンスでもディフェンスでも非常にソリッドで、伸び代はかなりありそうです。

今日は、親父がかつてバックスでプレーしてたGR3が個人的な理由で休み、チームにも帯同してないそうです。

ハリバン帰ってくるまでは、もう3番のスタメンはジェフリーズ一択でいいでしょう。

 

一番良かったのはハリバートン

35分のプレーで、FG10/16、キャリアハイタイの23得点。FG成功数10本はキャリアハイ。安定感は抜群です。

それに引き換え、ヒールドはねぇ。

FG3/13、3pt2/10の13得点。今日は、本来ならキングスに来るはずだったディビィツェンツォとマッチアップ。マンマークされて、まともにシュートも打てず、このザマ。

一方のディビィツェンツォは16得点。守備の人に、シューターのお前が得点で負けたら立場ないやろ。

ヒールドはもうスタメンから外して、ハリバートンを使いなさい。ルークよ。

 

そしてルーク。お前が一番謎。

ここ数試合使い続けてたビェリッツァをなぜ今日は一度も使わない?

その代わりかどうか知らんけど、ジャパリパーカーをスモールラインナップの時にセンターで使って、ヤニスと対峙させるとは正気の沙汰とは思えん。

まあ、ビェリッツァとパーカーはトレード候補なので、移籍先への売り込みみたいなところはあるんですけどね。

 

今日、ウルブズのサンダースがfireされましたが、ルークさんもそろそろかな?

 

次はネッツ。先日ホームで138失点して、スリーを入れられまくったチームです。

間違いなく負けるでしょう。

フォックスもお疲れですし、ここは一つ休ませますか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

あー、6連敗 ブルズ戦

キングス114-122ブルズ

 

はー、ため息の連続です。

これで6連敗。今後のスケジュールを見るとお先真っ暗。

唯一の希望はルークに辞めてもらうことでしょうか。

 

1/23から2/8まで、4連勝を含む7勝1敗で貯金まで貯めたのに、その後6連敗。

その間の失点は

119

123

124

136

118

122

と平均123.7失点、リーグワースト3位の酷さです。

またディフェンスがおかしくなってますね。

 

フォックスは一時期の神通力がなくなり、今日は4つのターンオーバー、3ptも1/4、フリースローも4本連続で外すなどサッパリ。

ここ4試合で3ptがわずか3本しか決まってないんですね。

お疲れなのか、一人で背負いすぎてるのか。最近、見ていて気の毒になります。

 

ヒールドは今季スリーポイント成功率37.2%と、プロ入り以来最低のシーズンをおくってます。今日も3/11。フリースローはZERO。

ファウルはもらえない、自分でフリーになってスリーポイントを打てない。要はお膳立てしてもらうしかないんですね。

どこかのチーム、要りませんか?

一応、去年のスリーポイントチャンプです。

 

ハリバン兄貴は酷使されすぎて、今日もお休み。ホルムズも欠場。

 

コジョは36分もプレーしたものの、FG0/2、3p0/1。彼が出てる意味ありますか?

もうプレータイムはハリバートンとカイルガイに譲った方がいいでしょう。ルーク使えよ。

そのハリバートンは、33分出場で、FG6/16、16得点。もうちょいできたかな。シュートがリムに嫌われることが多かったですね。

3Q最後のウィリアムスのブザビスリーは最後まで手を抜かずにやらないと。あの辺は反省点ですね。あそこで9点差で終われてたら、4Qで追いつけたかもよ。

 

そんな中、今日の収穫はバグリーでしょう。

PT制限があるにも関わらず、今日は35分もプレーして、FG10/19、FTは5/5、11リバウンドの今季最多タイの26ポイント!最後の4Qは出ずっぱりでした。

ルークは一応、本人は確かめたらしいですけどね。本人がいけると言うので、4Qもプレーさせたそうですけど、明日から欠場しなかったらいいんですけどね。

今日は珍しく右でもシュート決めましたし、ディフェンス面でも成長を見せてます。顔つきも変わってきた感じがします。このまま、怪我なくやってくれることを願うばかりです。

明日はB2Bでバックス戦。おそらく試合出場は厳しいのでは。

 

試合はというと、4Q92-101から、7-0のランで99-101と2点差に詰めたんですよ。

残り8:00でブルズがタイムアウト。TO明けに、ブルズはテンプルとラビーンが出てきて、その2人にスリーを決められ、万事休す。ラビーンは38得点、最後まで止められませんでしたね。

ヒールドはテンプルに止められ、うちはラビーンは止められませんでした。

点を取るべき人が取るチームがそりゃ勝ちますよね。

 

6連敗のキングスは、この後、バックス、ネッツ、ニックス、ピストンズと続きますが、このまま負け続けると、ピストンズ戦で10連敗になるんですよね。

ここがルーク大先生の引き際、もしくは引導を渡す時期ではないでしょうか。

たかだか勝率4割のヘッドコーチに4年契約もするのがおかしいのよ。今季は4年契約の2年目。壊し屋ルークにこのまま任せると、チームが本当に崩壊しますよ。

マクネアーさん、早めのご決断を。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

タンク開始か?3連敗

キングス110-124グリズリーズ

 

あまりにも体たらくなので、ブログの筆もなかなか進みませんが、一応書きますわ。

 

7勝1敗の後、3連敗ですか。貯金生活もあっという間に終わり、借金2。

フォックスは復帰してもチームは変わりませんでしたね。2試合連続欠場のバグリーはまたスペ体質が再発しましたかね。

 

しかしまあ、何の見所もない試合でしたな。

開始17秒でハリバンのシュートで先制。

これがこの試合唯一のリードでした。

情けなや〜、情けなや〜。

酷かったのはスリーポイント

最初の12本のうち入ったのはわずか3本。試合全体では33本打って9本しか入らず。

フォックスは1/8

ヒールドは1/8

2人合わせて2/16。

情けなや〜、情けなや〜。

 

特にヒールド。お前は何をやっとんじゃい。

今季のスリーポイント成功率は36.8%。

プロ入り5年目で最低です。

1年目 39.1%

2年目 43.1%

3年目 42.7%

4年目 39.4%

そして今季が36.8%

スリーが取り柄の選手がこれではあきまへんな。そりゃトレード候補にもなりますよ。

 

試合を振り返るのもアホらしいので振り返りません。

またディフェンスが崩壊してますな。この試合も3Qに37失点。20点差もつけられ、4Qへ。フォックスも下げて、早々と白旗ですよ。今日のBKN戦はB2Bだし。

セルツ、ナゲッツ、クリッパに3連勝したのに、その後シクサーズ、マジック、グリズリーズに3連敗。おそらく今日のBKNにも負けるでしょう。お髭様は苦手なので。140点くらい取られるかも。

 

タンクモードに入ってきましたか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

情けない敗戦

キングス112-123マジック

 

情けないの一言。

ここ18試合でわずか3勝。

しかもB2Bの二戦目で疲れてるはず。

さらに今日はこれだけの怪我人が欠場。

そんな手負いのマジック相手に、大敗。

夏のバブルでスリーを18本も決められた反省から、前回はスリーを10本に抑えて勝ったのに、今回は15本ですか?

はっきり言おう。

こんなところで負けてたら、話にならん。

今日は勝たないかん試合。

ヘッドコーチと選手には猛省を促したい。

 

フォックスとバグリーが怪我で欠場とはいえ、その2人がいないだけで、ディフェンスはザルザルで、インテンシティもなし。

ヒールドが試合中、仲間を鼓舞してましたが、最後まであんまり覇気がなかったですね。ふわーと入って、何となく終わるというか。

フォックスがいないだけで、こんなにディフェンスって緩くなるもんですかね。特にスリーの守備がね。

もちろんオフェンスもグダグダですわ。フォックスに依存しすぎると、いなくなった時に、誰もオフェンスを引っ張れない、こんな状況になるんですわ。

だって、今日20点超えた選手、一人もおらんやないかい💢

しかも18ターンオーバー。そんなんで勝てますか?

 

せっかく波に乗りかけてたのに、シクサーズとマジックに連敗。

おそらくフォックスとバグリーは軽症で、今後の連戦を見据えて、温存したところもあるんでしょうけど、裏目に出ましたね。

それならそれで、ルークの采配力を見せてほしかったところですが、無理ゲーでしたね。期待するだけ無駄でしたわ。ターンオーバー製造機グレロビ3世を使い続ける時点で終わってます。あれなら、ジェフリーズを早めに使いなさいよ。遅すぎるわ。

 

ビェリッツァは15試合ぶりの出場で、15得点。28分のプレーで得意の3pt1/3と不発でした。まあ、あれだけ使われないと試合勘はなくすだろうし、チームのシステムとも合わないでしょうね。

試合後、メディアに語ったビェリッツァは、

・フォックスいないと全然ちがう。やはり彼が必要

Twitterのパスワードを忘れたので、メディアをフォローしてないし、自分のトレードの噂は知らない

・これまで14試合ずっと試合に出られなかったことについてはコメントしない

と語ったとか。

シクサーズとヒートがビェリッツァに興味を示しているという噂を耳にします。

そういう意味では、今日のビェリッツァは顔見せ興行みたいなもんですね。今季で契約が切れるビェリッツァを出汁に、誰が取れるか。シクサーズのタイブルあたり、いいかもよ。

 

久々といえば、ジェフリーズも今季初出場。17分のプレーで6得点。テレンスロスへのマークも悪くなかったよ。グレロビ使うよりいいのでは。

 

これでまた借金生活に逆戻り。

あまりにも胸糞悪い敗戦でした。

ルークFireも再燃かな。

まあフォックスいないと何もできないってことは明らかになりましたね。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

強豪シクサーズ相手に互角の戦い

キングス111-119シクサーズ

 

好ゲームでしたね、負けましたけど。

4連勝中、ここ8戦7勝と好調のキングス。イースト1位のシクサーズ相手にどこまでやれるか、今の実力を推し測る機会でした。

終盤の決定力、ディフェンス力の差が現れた感じですが、序盤のビハインドを挽回し、終盤まで接戦に持ち込むなど、チームの成長が感じられるゲームだったのでは。

キングスファンの皆さんの反応を見てましても、概ね「負けたけど、よく頑張った」的な反応が多かったような気がします。

 

1Qはシクサーズの高さやカリーのシュートにやられ、32-42と大きくリードされます。

2Q早々に、32-46とこの試合最大のリードを許してしまいます。

しかし、ここで流れを変えたのが、ルーキーのハリバートン

強豪シクサーズ相手でも、彼の力は十分通用しました。

スリーポイント2本を含む12得点を挙げ、2Q5:25には52-56と4点差に詰め寄ります。

時を同じくして、ホルムズが3つ目のファウルでファウルトラブルにハマりますが、代わって出てきたバグリーが意外にもディフェンスで活躍。あのエンビード相手に健闘します。

エンビードって、相性あるんですかね。

コーリースタインも意外とエンビードと相性が良かったですよね。バグリーもエンビードと相性いいのかもしれません。

ほぼスタメンに戻り、バグリーをセンター起用で臨んだキングスは、ヒールドのスパークもあり、一気に逆転。前半を71-66とリードして折り返します。

 

3Qからはまさに接戦。お互いディフェンスの踏ん張り合い。一度逆転されましたが、91-87とリードして、勝負は4Qへ。

4Qは、フォックス、カイルガイ、ヒールド、GR3、ホルムズのスモールで臨みますが、開始1分足らずで追いつかれてしまいます。

 

4Q7:40には、フォックス、ハリバートン、ヒールド、ハリバン、そしてこの日好調のバグリーでクロージング体制にして、勝負に行きます。

4Q7:26にハリバンがレイアップを決めて99-97とリードしますが

ここから3分間が魔の時間帯に。

フォックスシュート✖️

フォックスシュート✖️(エンビードブロック)

ハリバンシュート✖️

ヒールドスリー✖️

ハリバートンスリー✖️

フォックスシュート✖️(タイブルブロック)

フォックスシュート✖️

と7本連続でシュート失敗。

この3分間、得点ゼロ。その間0-10のランをかまされ、99-107。

この3分間が試合を大きく分けました。

 

しかしあのタイブルって選手、なんなんすか?

まさに守備職人ですな。

フォックス🦊に徹底マーク。フォックスを抑えるために、3Q終盤から出てきて、4Qのフォックスが支配する時間帯にフォックスを抑え込む作戦が大成功。

ドッグリバースしてやったりでしょうな。

HCの勝負になると、うちは絶対に負けますから。

前半11本も決まったスリーも、後半は3/22と決まらず。名将ルークは「スリーが入らなかったのは、4日間で3試合の疲れがあった(キリッ!)」と話してたみたいですけどね。

 

負けましたけど、収穫はありましたよ。

イースト1位のシクサーズと互角に戦えましたし、これまで全く4Qに使われなかったバグリーが5番のポジションで頑張ったこと、特にディフェンス面での貢献は素直に喜んでいいのでは。

でも、チーム全体としてフリースローは改善しないといけませんな。11/19では接戦をモノにできませんよ。フリースロー成功率71.6%は、リーグワースト2位ですからね。全く笑えません。

 

連勝は4で止まりましたが、4日間で3試合のキツイ日程で、ナゲッツ、クリッパ、シクサーズの強豪相手に2勝1敗はお見事。全敗も覚悟していただけに、よく勝ち越しました。

また2日休んで、マジック、グリズリーズ、ネッツとまた4日間で3試合。ここも何とか勝ち越してほしいところです。

 

日程を見ると、オールスターブレークまでは、この4日間で3試合というセットが4回も続きます。B2Bもあり、相当キツそうですが、プレーオフ圏内に絡めるよう、何とか食らい付いてほしいと思います。

しんどいけど頑張れ👍

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

フォックス 週間MVP獲得!

グッモーニン!

みなさん、我らがフォックスが週間MVPに選ばれましたー!

 

まあ、当然でしょう。

なんせこの1週間の平均で

31PTS/8.8AST/2.8REB

54.7%FG/37.9%3P/76%FT

そして、チームの成績は4勝0敗!

しかも相手は、ペリカンズ、セルツ、ナゲッツクリッパーズですからね。

 

ちなみに、キングスからの週間MVP受賞は、2017年1月のカズンズ以来。そのカズンズは受賞から3週間後にトレードに出されちゃいましたけどね。

 

それにしても、ここ最近のフォックスの活躍ぶりは凄まじい。

5勝10敗だったチームを、ここ8戦7勝で、一気に貯金生活に導きました。特筆すべきは恐るべしクラッチ力。

この1週の4試合では、4Qの総得点が49pts、クラッチタイムは28ptsで、いずれもリーグ1位。

外からのシュートが入るようになったことで、ドライブの際のスペースもできるようになり、シュートタッチも落ち着きが出てきましたよね。前みたいに、ゴール下に無謀に突っ込んでいくのも少なくなったような気がします。

 

ハリバートンの存在も大きいんでしょう。

彼が繋いでくれるので、フォックスが3Q終盤から4Qの序盤まで休めます。そして、勝負どころに力を蓄えておけるわけです。最近はこの勝ちパターンが確立されてきました。

 

この勢いでフォックスはオールスターに、そしてチームをプレーオフに導いてほしいですね。

明日はイースト1位のシクサーズ。強敵相手に、好調フォックスがどこまでやれるか、楽しみです。連勝を伸ばしてほしいと思います。

GOKINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

苦手クリッパに敵地で勝つ!

キングス113-110クリッパーズ

 

やりましたー!

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

今季2戦2敗、いずれもブローアウト負けしている苦手クリッパーズに、何と敵地で、しかもB2BのSEGABABAで勝利!

 

これで4連勝!ここ8試合で7勝目。

そして待望の貯金1です💰

 

しかも、ハムさんのツイートによると、

(エリアススポーツビューローからの情報ですが)

ティップオフ間が22時間で、連戦に勝利したのは、2018年12月のヒート以来だとか。

キングスも2014年に一度あるみたいです。

昨日のナゲッツ戦が現地土曜日の午後2時から、今日は現地正午からでしたからね。

しかもサクラメントからLAの移動挟んでですから。よく頑張りましたよ。

スーパーボウル見ながらゆっくりしてほしいです。

 

さて、試合はというと、

試合は3Q終わって79-80と1点ビハインド。

試合の中でもケイティが触れてましたが、

過去クリッパーズとの2試合で、

3Qは

16-37

19-34

とボコられて、そこで試合が決していたんですね。

しかし、今日は25-29と何とか踏ん張り、試合は最終クォーターへ。

ルークもその辺をわかってたのか、3Qはスターターをそのまま引っ張りました。

B2Bだし、これは4Qに堪えるかなと心配したんですが、その4Qはジョセフ、カイルガイ、ハリバートン、GR3、ホワイトサイドでスタート。

かなり心配なメンツでしたが、ハリバートンの連続スリーもあり、95-92とリードしたまま、残り7:03で、お得意の勝利の方程式へ。

昔のジャイアンツで言うと、橋本清から石毛博史阪神ならジェフウィリアムスから藤川球児、そして久保田といった感じか。

 

キングス版勝利の方程式は、フォックス、ハリバートン、ヒールド、ハリバン、ホルムズのクロージングラインナップ。

リードしたまま、必勝体制に舵を切ります。

残り7分、しかも3Qはほぼ出ずっぱりだったので、ちょっと早いかなと思ったのですが、ここからフォックスがまた支配します。

ズバックと曲者ルーウィリアムスの得点で残り6:17で95-97と逆転されますが、ここからフォックスタイム。

5:54フォックス🦊フリースロー2本97-97

5:19フォックス🦊スリー100-99

4:09フォックス🦊スリー103-101

2:55フォックス🦊レイアップ105-103

2:25フォックス🦊2ポイントショット107-104

 

レナードの得点で粘られますが、フォックスのシュートのリバウンドを、今日無得点だったハリバン兄貴!

ハリバン兄貴は、今日はこの得点だけでしたが、リバウンドはチームハイの12。レナードへのディフェンスを頑張ってくれました。

 

フォックスは109-108で迎えた残り31.6秒でも、ドライブからフリーのホルムズへパス、ホルムズがトドメとなるダンクを決めて、勝負あり。

フォックスは4Qだけで12得点。また4Qのクラッチ力を見せつけました。もうオールスター決まりでしょう。

終盤のレナードとの打ち合いは見応えありましたが、そのレナードにも打ち勝ちました。

 

キングスはこれで4連勝。B2Bの2戦目で勝つのは初めて。ここ8戦7勝も、プレーオフに行った2006年以来だそうです。

しかもLAC、DEN、BOSと勝率5割以上のチームばかりですからね。LAC自身は今日の負けで、今季初の連敗というおまけ付きです。

ここ8試合で7勝ですが、好調の要因は、

・フォックスのクラッチ

・クロージングラインナップの確立

そして、ディフェンスの安定

ではないでしょうか。

特にディフェンスは大きな課題でしたが、ここ8試合で120点以内に抑えたのは7試合。失点が減っています。

クリッパーズには、過去2戦でスリーポイントを16本、18本決められまくってましたが、今日はわずか8本に抑えました。

スリーポイントへの守備も良くなってきてるんじゃないですかね。

まあ、私、素人なんで、ディフェンスのどこかどう良くなってるかはわかりません。データでしか語れませんが、ニックス戦くらいから良くなったのは確かです。ニックス戦のあと、コロナの影響で、グリズリーズ戦が2試合延期になり、4日間ほど間が空きましたが、そこでじっくりディフェンス面の練習を行って、ディフェンス戦術を構築できたのではないかと、勝手に想像してます。あそこの4日間が、戦術的にも、コンディション的にも大きなターニングポイントになったと思いますよ。

 

これで12勝11敗となり、ゴールデン何とかウォーリアーズさんと並びました。次は中1日で、イースト1位のシクサーズをホームに迎えるなど、ホーム5連戦となります。ここで一気に貯金を稼いで、プレーオフ戦線に本格的に殴り込みをかけてほしいと思いますね。

 

今のキングスならやれるはず。

頼むぞフォックス!

GOKINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村