サクラメンタリストの逆襲

NBAで最長のプレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

首の皮一枚つながる MEM戦

キングス104-101グリズリーズ

 

負けたら終わりのメンフィス戦。

試合前にネイピアーさんも、

今季最も重要な試合と言ってました。

 

最後までヒヤヒヤもんでしたが、とりあえず勝てて良かったです。

残り1分で2回もボールロストしたときは、テレビ📺をぶっ壊そうかと思いましたけど。

ほんとクローズが下手ですね。

 

4Q残り2:48でフォックスの値千金のスリーが決まって100-91。

この後、ジャイルズとフォックスがそれぞれシュートチャンスあったんですけど、決めきれず。

あそこで1本決めとけば、二桁点差になって、相手も戦意喪失、ほぼ試合を決めれたはず。

前回のグリズリーズ戦もそうでしたが、最後まで相手に付け入る隙を与えてしまうんですよ。

 

メンフィスはこれで5連敗。

JJJとクラークがいないのが助かりましたね。

彼らがいたら、恐らく負けてましたわ。

 

うちもフォックス🦊さまさまでした。

やっぱり彼がいると違いますね。

腹部の圧迫感で、出場が危ぶまれましたが、試合前判断で何とかGOサイン。

フォックスはこの試合の重要性を誰よりもわかっていました。

33分の出場で、チームハイの25得点。

まさにアンストッパブルでした。

 

ジャイルズもよく頑張りましたね。

31分の出場で16得点、5リバウンド。キャリア2回目となる30分台のプレータイムで、二桁得点は4試合連続です。

立ち上がりは今ひとつで、前半だけで3つのファウルとファウルトラブルにも見舞われましたが、後半はファウルゼロ。12点を挙げる活躍でチームの勝利に貢献しました。

 

バラチュニスとこんなイザコザもありましたが…

退場にならなくてよかったです。まあ手を出してきたのは、向こうの方なんですけどね。

 

ハムさんも褒めてましたよ。

スクリーナーとしても成長してると。

ミドルレンジのシュートも決まるようになると、パスセンスもあるだけに、ジャイルズを活かしてハイポストから多彩な攻撃ができそうですね。

 

B2Bの試合で、足が止まるかなとも思ってたんですが、何とか踏ん張ってくれました。

体力的にキツイと言われる

今季B2Bの2戦目は、

5勝4敗と勝ち越し。

しかも最近は4連勝中。

ロードのB2Bは4勝4敗と非常に頑張ってます。

内訳は

●10/26@JAZZ

●11/25@BOS

○12/9@HOU

●12/21@MEM

●12/29@DEN

○1/7@PHO

○1/30@LAC

○2/8SAS

○2/28@MEM

素晴らしいっすね。

そして2月は7勝5敗と勝ち越しました。

 

さあこれでMEMとは3ゲーム差。

混戦模様に拍車がかかってきましたよ。

 

次はホームに帰ってDETとリベンジマッチ。

前回はロードで106-127と完敗。6連敗と、まさに今季のどん底でした。

そのときの記事はこちら。 

ospina.hatenablog.com

まさにチーム崩壊の危機でした。

当時、ルークのことを批判させていただいてますが、

もちろんプレーオフに行けたら、私はルークに謝罪しますよ。

謝罪記事も書かせていただきます。

 

ドン底のDET戦から10勝5敗。

あの日を境にチーム状態は上向きに転じました⤴︎☝️

あの悔しさをチームは忘れてないでしょう。

ホームに帰ってDETをボッコボコにしてやりましょう。

ここから8戦中7戦がホーム。全勝するつもりで行きましょうや。

奇跡を起こせよキングス!

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

OKCに痛恨の逆転負け

キングス108-112サンダー

 

 

プレーオフへの一つの試金石だったサンダー戦。

フォックスの離脱もありましたが、最大19点差を逆転されるという、痛恨の負け。

なんともキングスらしい、もったいない試合となりました。

 

スタッツ見ても、

珍しくFTが14/14と全部成功

リバウンドも45-37

アシストも30-20

なのにね。

 

キングスがFT成功率100%って、去年の11/15のレイカーズ戦以来2回目ですよ。

まあそんときはわずか9本でしたけど。

ちなみにキングスのFT成功率は75.7%と、リーグ21位。

1位が意外にもサンズ、最下位はニックスでした。

 

あんまり振り返りたくないんですけど、あえて振り返ると、

3Q7:03には、78-59と19点もリードしました。

しかしそこから22-4のランをブチかまされちゃうんです。

3Q終了時で82-81。

一旦、相手に傾いた流れを取り戻すことはできませんでした。

まあ、ルークの悪いところではあるんですけど、思考停止状態になっちゃうんですよね。

名将なら、何らかの手を打たないといけないんですが。

あっ、迷将のほうか。失礼。

 

良いこともありましたよ。

ジャイルズはキャリアハイの19得点。

レンは11得点、11リバウンドのダボーダボー。

ホルムズの復帰がいまだに不透明な中、キングスのインサイドはこの2人にかかってます。

よく頑張ってると思いますよ。

 

痛かったのはフォックスの離脱。

昨日の時点のインジャリーリポーツでは、特に情報はなかったんですが、試合3時間前にアップテードされた情報で、フォックスはクエスチョナブル。

そして、試合前判断でルールアウト。

上げ潮ムードの時に、怪我で主力が離脱。キングスあるあるではありますが…。

 

ハムさんのツイートでは、

明日はプレーするつもりだby🦊

ということらしいので、期待したいですね。

 

明日はプレーオフ進出を争う熊さんとの対決。

まさにこれ。

負けたら終わりの天王山。

 

もし負けても数字上は可能性が残りますが、

こういう、勝たないといけない試合で勝てないチームは、期待しても無駄です。

そのつもりで、みなさんも試合を厳しく見てください。

キングスが変われるか、変わらないか。

明日の試合で全てがわかります。

 

現在8位のグリズリーズとは4ゲーム差。

勝てば3ゲーム差。

そのグリズリーズは4連敗中で、JJJもブランドンクラークもアウト。

ハリバン兄貴も「明日は、遠征最後を力強く締めくくるには絶好の機会」と意気込んでます。

明日のグリズリーズ戦が終われば、次の8戦中7戦がホーム開催です。

流れに一気に乗るためには、明日は絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、絶対に勝たないといけません。

普段温厚な?ハムさんもこのリポートの最後で言ってますよ。

ノーモアエクスキューズ!

言い訳無用!

byハム

 

新型コロナで外出を控えてるみなさん。

有り余ったパワーを、明日テレビの前でキングスの応援にぶつけてみましょうよ。

テレビがぶっ壊れるくらいに。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

キングスに追い風が

どもども。

試合がないのに、顔がニヤけるサクラメンタリストです😄

 

というのも。

プレーオフ進出を争うライバルたちの今日の結果が…

グリズリーズ

スパーズ❌

サンズ❌

と全部負け。

 

そして気になる順位表は、

ハイ、ドン!

こうなりました。

何とスパーズを抜いて、労せずしてウエスト11位に浮上!

ペリカンさんとは0.5差

ポートランドさんとは1差

そして熊さんとは3.5差

になりました。

見えてきましたね〜。

 

この勢いで、明日、明後日と連勝したいっすね。マジで。

 

サクタウンロイヤリティさんが、今後の8試合の星勘定をしてました。

それによると、

❌OKC(おそらく負ける)

✅MEM(競争相手、勝たないといけない)

✅DET(弱い、勝たないといけない)

✅WAS(弱い、勝たないといけない)

✅PHI(勝てる可能性あり)

✅POR(競争相手、勝たないといけない)

❌TOR(おそらく負ける)

✅NOP(競争相手、勝たないといけない)

 この8試合を5勝3敗か6勝2敗で行かないといけない。

とのことでした。

4勝4敗でもダメでしょうね。最低でも5勝3敗。

これで行きましょう。

 

わたし的には、

6勝2敗でいけると思います。

そう信じてます。

なんなら8戦全勝でいいですよ。

そして、プレーオフ進出への道が開けてくるはずです。

まずは、明日のOKC戦。

怪我人の情報は

フォックスは今のところ大丈夫そうです。

満身創痍なのは変わらないと思いますが、とにかく頑張ってほしいです。

ここに勝って弾みをつけましょう。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

勝ち切ることが大事 GSW戦

キングス112-94GSW

 

6連敗中のゴールデンなんとかさんに快勝。

今季はこれで3戦全勝。お得意様にさせていただいてます。

今季は負けるわけにはいかないんです。そんなゴールデンさんにきっちりと勝って3連勝。

とにもかくにも勝ち切ることが大事なんです。

借金も一桁の9になりました。

 

しかしまあなんですね〜

探偵ナイトスクープ桂小枝風に)

勝ったものの、

フリースローの入らなさは何とかなりませんかね?

19/34、55.9%はあかんでしょ?

特にこの3人。

ジャイルズが3/6

フォックスが4/9

ベイズモアが3/8

もっと練習しなさい。

 

でも、このフリースローに象徴されるように、炭酸の抜けたような試合でした。

ステフカリーも、トンプソンも、グリーンもケガでいなくて、ディアンジェロラッセルもトレードでいなくなり、非常に厳しい台所事情を考慮すると、仕方ありません。

 

半ばGSWの若手のアピールの場にもなっており、その分、力任せの危ないプレーもあり、怪我人が出ないか、内心ひやひやしてました。

実況の近藤アナも言ってましたが、オールスターのライジングスターのような試合でもありましたね。

 

たしかにこの試合のキングスは疲れてたかもしれません。

昨日、LAでコービーの追悼セレモニーが終わって、シスコに移動して、今日試合でしたから。

明後日のサンダー戦に向けて、少し力を温存したのでしょうか。

 

特にフォックスは辛そうでしたね。

サクビーの@JandersonSacBee記者のツイートによると、結構満身創痍らしいです。 

左肩に、足首、そして鼠径部も。

プレーオフに向けて追い上げムードのなかで、フォックスの離脱だけは勘弁してほしいです。怪我人続出に悩まされた今シーズン、また怪我人が出るのはこりごりです。

 

今日は楽天TVで日本語解説付きだったので、それで見てたんですが、解説の塚本清彦さんが良いこと言ってましたね。

若手が多いキングスに必要なのは闘志、

それをベイズモアがもたらしたのではないか、と。

 

そうなんですよ、よくわかってらっしゃる塚本さん。

キングスはベイズモアが入って変わりましたよ。シャンパートの役割を担ってくれてます。

塚本さんは、ボギーのこともめっちゃ褒めてくれてましたね。あざっす!

 

今日は、プレーオフを争うペリカンズがLAの黄色いチームに負けて、ブレイザーズがセルツに負けたため、ゲーム差が縮まりました。

さあー、面白くなってきましたぜ。

 

明日は、メンフィスがロケッツと

そして、スパーズがダラスと対戦。

またメンフィスとスパーズが負けると、さらにキングスが差を詰めるチャンスです。

 

そんなキングスは、一日置いて、サンダーとグリズリーズB2B

この2試合、何とか勝ちたいなぁ。

絶対勝ちたいなぁ。

OKCに勝てれば、グリズリーズにも勝てそうな気がする。

うん、絶対勝てる。勝てるぞー。

そしたら、プレーオフ進出のチャンスがグッと近づき、ハリバン兄貴のヒゲを剃るチャンスもさらに近づく。

フォックスの怪我の心配はありますが、何とか気力で頑張ってくれ!

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

プレーオフへのかすかな光

オールスター後の連勝で、キングスファンの中でもプレーオフを意識し始めた方もいるのでは?

 

サクタウンロイヤリティの論調も少しポジティブになってきましたね。

ざっくり言うと、

ここ2ヶ月のフォックスは素晴らしい

ただしフリースローは改善の余地あり。

ヒールドはベンチスタートに変えてから良くなった。

ベンチはベイズモア加入で改善、シャンパートがいなくなって1年間失われていた大事なものを取り戻した。

レンはバックアッパーとしてしっかりしている。

ホルムズもそろそろ帰ってくる。

 

 

ええことばかりやないですか。

明日のゴールデンなんとかさんにはブローアウト勝ちして、OKCとグリズリーズにも連勝といきましょう。

プレーオフ戦線に殴り込みかけましょうや。

 

前回プレーオフに進出した2005-06シーズン。

1月下旬まで18勝24敗と苦しいシーズンを送っていたキングスは、当時のGMジェフペトリーが、主力のペジャを放出。代わりに、問題児ではありましたが、ディフェンスに定評のあるロンアーテスト(現メッタワールドピース)を獲得。これが功を奏し、その後の40試合を26勝14敗で突っ走り、ウエスト8位に滑り込みました。

 

まあ、それ以来14シーズンもプレーオフ進出から遠ざかっているわけですが、今季はその時の再現となるかどうか?

雰囲気としては悪くありません。

残り26試合、

18勝8敗で5割到達。

これが最低ラインでしょう。

ハードルは正直高いです。

でもやれないことはない。

 

侘び寂びを味わった今シーズン。

もう上がるしかありません。

奇跡のプレーオフ進出に向けて

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

【業務連絡】

2chキングススレ立ててくれてありがとうございます。

感謝申し上げます。

ジャイルズの未来はキングスとともにある

苦手のクリッパに勝ち、

オールスター後は無敗の我らがキングス。

 

プレーオフ進出の可能性はなきにしもあらず。

ジャイルズも諦めてません。

サクラメントビーのジェイソンアンダーソン記者の記事です。

要約すると、

クリッパ戦のジャイルズは凄かった

シーズン序盤はベンチを温めていたが、今は光り輝いている。

クリッパ戦は14得点、12リバウンドとキャリア初のダブルダブル。ボギーとのピックアンドロールからのダンクでトドメを刺した。

ジャイルズはまだプレーオフ進出を諦めていない。

 「俺たちは目的もなくプレーしていない。プレーオフ不出場の記録は13年で止めてやる」と。

21歳のジャイルズのキングスでの将来は不透明。チームは、ジャイルズの4年目のオプション契約を行使せず。

ただリーグ関係者によると、キングスはジャイルズを好んでおり、今年の夏に彼を無制限のフリーエージェントとして再契約する可能性あり。もちろん他のチームからキングスを上回るオファーもあるだろうとも。

 

 

最近のジャイルズは、驚くべきパスセンスとプレイメイキング能力を発揮しており、ルークもそれを高く評価。ファウルなしでディフェンスできるよう望んだが、最近はファウルも減ってきている。

 

キングスのファンは、ジャイルズが怪我を克服し、成長する様子を見守ってきただけに、彼に特別な愛着を抱いている。そんなプレイヤーは他にはいない。

 

ジャイルズは、「俺たちはより良い道を進んでいる。未来を揺るがすつもりだ。過去は忘れる。振り返らない」

 

頼もしいですね。

我々キングスファンは今、ジャイルズの才能が開花している瞬間を見ています。

今がまさに花開いているんです。

キングスファン冥利につきません。

 

たしかにプレーオフ進出の道はかなり険しいです。

でもジャイルズは諦めてません。

だから私たちも諦めたらダメなんです。

共に戦おうではありませんか。

 

今日、こんなニュースが入ってきました。

これはプレーオフの8位争いに大きな影響があるでしょうね。

ただでさえ、メンフィスは残りのスケジュールが一番厳しいと言われてるのに、JJJがしばらく離脱するのは痛いでしょう。おそらく落ちてくるかもしれません。

そうなると、キングスにもチャンスが出てきます。

 

カーマイケルデーブさんによると、

残りのスケジュールの厳しさでは、

キングスは7番目に優しく

メンフィスは一番厳しい。

ペリカンズは3番目に優しく

ポートランドは5番目、スパーズは9番目。

だそうです。

 

わたし的には、プレーオフ争いの一番の敵はペリカンズになってくるのではないかと、睨んでます。

メンフィスは若手が多く、経験値が足りない。JJJの離脱も大きい。

ポートランドは怪我人が多く、今季は今ひとつ乗り切れない。

スパーズは元気がない。

しかし、ペリカンズはスケジュールにも恵まれ、ザイオンも加わり、イングラムやボール、ホリデイといい選手も多く、伸び代もありそうです。

 

そのペリカンズとは、ホームとロードともに1試合ずつ残ってます。絶対に負けられませんね。前回は誤審で負けてますし。

グリズリーズとは、今度の日曜にロードで再戦。

とにかくこれからは一戦一戦がトーナメントの決勝戦のつもりで、やるしかないです。

幸い、今のキングスは、ジャイルズが才能を発揮し、ベイズモアが攻守に大貢献、レンもインサイドに厚みを加え、ハリバン兄貴も復活と明るい材料が増えてきました。

奇跡を信じて、応援していきましょう。

GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

苦手クリッパーズに敵地で連勝!

キングス112-103クリッパーズ

 

やりましたー!

現地時間、土曜日のお昼ティップオフという微妙な時間。

いわゆるmatinée(マチネ)ですね。

フランス語で昼興行ってやつです。

 

そのせいかどうかは知りませんが、ベテランの多いクリッパは寝てましたね。

4クオーター途中まで。

試合開始からずうううううううううううとキングスがリード。2クオーターの最初には最大14点のリードをつけました。前回みたいにスリーが入っていたわけではありません。クリッパは寝てたんでしょうね。

 

 キングスにとってクリッパは、苦手中の苦手。

でも前回の対戦で3年ぶりに勝ち、そして今日の勝利。

どんだけすごいかというと、

ケイティによると、

今季のクリッパはホームで22勝5敗で、 負けた相手がバックス、ロケッツ、ジャズ、グリズリーズ、キングスと、うちとMEM以外は強豪ばかり。そんな要塞のような敵地で、うちは2回目の勝利。大したもんですな。

 

試合は4クオーター途中までキングスがずっとリードしていましたが、4クオーター開始3分半で94-95とついに逆転されます。

ここからズルズル行くかなと思いましたが、粘るんですね。

 

4クオーター6:03で、ジャクソンのスリーで99-101と再びリードされますが、ここからディフェンスが踏ん張ります。相手のターンオーバーもありましたが、

なんとそこから5分6秒間、相手をゼロに抑えちゃうんです。

結果的に、4クオーター残り6:03を13-1のランでクローズしちゃうんです。

ヤバくないですかね?

あのキングスがですよ??クリッパ相手に。

 

試合を決めたのはこのハンマー⚒

残り58秒で、ボギーからのアリウープを、今日大活躍のジャイルズがハンマーダンク。

これでトドメを刺しました。

諦めの早いロスアンジェルスのお客さんは、これで帰路に着きます。

気持ちよかったですねー。

 

しかし、最近のジャイルズの活躍は目覚ましい。 

この試合で、14得点、12リバウンドと、キャリア初のダブルダブル達成。

そしてプレータイム32分は、キャリア最長、初の30分台突入〜。

ホルムズ、バグリーが離脱する中での怪我の功名とはいえ、今やれっきとしたセンターのレギュラー。才能が開花してきましたね。

今日はレンもいてくれたので、チームリバウンドも48-47でクリッパに勝利。

 

ジャイルズは4クオーター残り2分くらいで、4リバウンド、1ブロック(レナード)とディフェンス面でも大活躍でした。

もう再契約待ったなしでしょう。

 

そして、見逃せないのがベイズモア。

今日は30分プレーして、23得点!

ディフェンス面では、4スティール!

 ブロックも!

 

ここ3試合は、15得点、18得点、そして今日の23得点と絶好調。

ベイズモアの加入は攻守両面に完璧にフィットしてます。

この調子で頑張って欲しいですね。

 

そういえば、jason jonesさんのツイートによると

試合中、ハレルがハリバン兄貴にこんなことを抜かしていたそうです。

お前、マジでヒゲ剃るつもりねーのか?あん?

5割なんか無理だろ?

 

上等、上等!

5割に行ってヤローじゃねーか。

みんなで応援して、キングスを5割に復帰させて、ハリバン兄貴にヒゲを剃らせてやりましょうや。

だって、ハーデンみたいなハリバン兄貴、見たくないっしょ?

 

カニングハムさんによると、

ルークとヒールドなどキングスの選手の大半は、ロスアンジェルズに残り、月曜日にステープルセンターで行われるコービーの追悼イベントに出席する予定だそうです。

試合の前日なので、強行軍にはなりますが、LAとシスコはそんなに離れていないので、大丈夫でしょう。

 

次はそのシスコで、中2日で目下5連敗中のゴールデンなんとかさんとやります。

ゴールデンさんは今季はお得意様なので、そこはしっかり勝っておきたい所ですね。

3連勝目指して GO KINGS!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村