サクラメンタリストの憂鬱

16年連続プレーオフ不出場のサクラメントキングスが、プレーオフに行くまで応援し続けるブログ

キングス30勝!昨季の勝利数に並ぶ

キングス140-120ロケッツ

 

きのうのお粗末な敗戦から一夜。

やはりフォックスが復帰すると違いますな。

ロケッツ下して今季30勝。

昨シーズンの勝利数に並びました!

 

残り29試合。ホーム14試合、ロード15試合。

1勝1敗ペースだと、44勝か45勝。プレーオフ圏内ですね。一つ一つ勝っていくことが大事です。

 

まずはフォックス。

お子さんが産まれたそうで、おめでとうございます🎉

お子さん誕生を自ら祝うかのような活躍でした。

やはりキングスにはこの男が欠かせません。いるといないとでは、全く別のチームの印象ですね。今日は16得点、8アシストという成績でした。

ラジオのレジェンドアナ、ゲイリージェラウドさんのツイートによれば、フォックス夫妻が、産まれたばかりのお子さん、レイン君をチーム宿舎に連れてきて、お披露目したとか。

 

そしてそして、キーガンマレーでしょう。

いずれもキャリアハイの30得点、スリーポイント8本成功、6リバウンドの大活躍。30得点中22点は後半に、スリー8本成功はキングスのルーキー新記録でした。

ここ3試合は、スリーが1/16と2月は不調説が囁かれていましたけど、そんな周囲の不安を一蹴するような活躍ぶりでした。

 

前半は65-48で折り返し。楽勝かと思いきや、思いのほか、ロケッツのスリーが入りまくり、3Q5:45には、81-76と5点差に詰め寄られます。

しかし、その後、マレーの連続スリーで再び10点差に。3Qは99-88、キングス11点リードで4Qへ。

4Qは、序盤からTD、ライルズ、モンクなどベンチメンバーの活躍が光り、差を広げます。

4Q6:35と6:19に、モンクの連続スリーが決まって、117-97と20点差。

これで決まりましたね。

ロケッツは、グリーンとマーティン、ゴードンを下げて白旗宣言。

キングスも4Q3:15で、メトゥ、エリス、2:27には、デリー、バートン、レンも出して、ガベージタイム突入。昨日のペリカンズ戦で活躍したエリスは今日もスリーを2本を決めました。

結局140-120の20点差でロケッツに勝利。

このロード7連戦を3勝3敗としました。明後日のロケッツ戦もしっかり勝って、勝ち越しで遠征をしめてほしいですね。

ロード終われば、ホームにマブスを迎えますが、ドンチッチとカイリーの恐るべしコンビの初お披露目となりそう。

恐ろしや〜。

 

キングスがオールスター前に30勝を挙げたのは2018-19以来4年ぶり。あのときは、オールスター前にハリバンをトレードで獲得し、ウインナウな体制を構築しかけましたが、その後失速しましたね。ハリバン加入後、11勝16敗でした。シャンパート放出が裏目に出ましたね。ヒールドの造反もありましたし。

今季はその二の舞だけは避けてほしいところです。

2018-19シーズンは30勝(26敗)挙げてから、その後9勝17敗。

今季は30勝23敗。残り29試合。

さてさてどうなりますかね?

いつのまにか、tankathonの残りスケジュールの厳しさもリーグ8位、ウエスト4位の厳しさになってますからね。

特に残り試合は1勝1敗ペースでいいんです。

一つ勝って一つ負ける。とにかく連敗はしないこと。これでプレーオフの道は開けます。

じっくり行きましょや。

GO Kings!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

フォックス、明日も欠場

どもども。

昨日のペイサーズ戦、残念でしたね。

フォックス不在の中、ミッチェルには頑張ってほしかったんですけど、FG1/5ではねぇ。

ずっと言われ続けてることですが、得点力が安定しません。

明日もフォックスは個人的な理由で欠場するようです。。地元メディアでは、奥さんの出産と言われていますが、チームからの正式なアナウンスはありません。あくまでもパーソナルな理由であると。

ペリカンズは今日ようやく勝って、連敗を10でストップ。これからの巻き返しに弾みをつけるためにも連勝を狙ってくるでしょうから、厄介ですね。ミッチェルとデラベトバがどれだけやれるか。

そういえば、フォックスって、ニューオリンズ生まれなんですよね。地元に帰るのに出ないのは残念ですが、上記の理由だと、少し話もつながるかも。

 

さて、昨日のペイサーズ戦。

ラスト2ミニッツリポートによると、またまたキングス不利な誤審が3つもあったとのこと。

先日、セルツと黄色の試合で、黄色チーム不利な判定が物議を醸しましたよね。

それを受けて、誰かが、ラスト2ミニッツのデータで、どのチームが有利不利なのか、まとめてましたが、やはりキングスは一番不利な判定ばかりで、黄色とクリッパのLA2チームは優遇されてました。これはデータ上、証明されたことです。

そして、今回の判定。

いつまでうちは不利な判定を受け続けるのか。

良い加減にしてほしいですわな。

特に昨日は104-107と3点追いかける場面で、相手のターンオーバーとなる誤審が見逃されてますからね。たられば言っても仕方ないですけど、レフリーにはしっかりしてもらわないと。

 

そして最後はトレードの噂。

キングスは、サイブルとプラムリーを狙っているという話が最近よく出てますね。

ホームズとレンを売りに出して、ディフェンスマインドを兼ね備えた選手にアップグレードさせようと。

両ドリできればいいですけどね。

トレードデッドラインは、日本時間2月10日金曜日の午前5時。もう1週間切ってます。

マクネアーさんの手腕に期待しましょう。

GO Kings!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

サボニス凱旋 しかしペイサーズに敗れる

キングス104-107ペイサーズ

 

サボヤンは、ペイサーズ移籍後、初めて古巣への凱旋となりましたが、フォックス不在が響いた形となりましたね。

まあ、19点差から追い上げたのは評価できると思いますよ。

 

試合前、ペイサーズはサボヤンのトリビュートVを放映して、サボヤンの帰還を歓迎。インディアナポリスのファンからも温かく迎えられました。

 

フォックス不在ということで、マイクブラウンはいろいろ試してましたね。

モンクとTDを併用したかと思えば、ハーターをハンドラーにして、2番にキーガンマレー、3番にハリバン、4番ライルズ、5番サボヤンというラインナップを試したり。

ハーターは最近スリーの確率が落ちてますが、スリーがダメなら他で貢献しようと、プレイメイクやディフェンスを頑張ってました。

 

フォックスに代わりスタメンに入ったミッチェルは、FG1/5、3P1/4。もうちょい入れてくれないと。

デラベトバはFG0/2、3P0/1。

2人合わせてFG1/7ではなぁ…。

フォックス不在は今季4度目ですが、これで1勝3敗。フォックスがいないと勝てないということですな。

今日のフォックスの不在の理由は、個人的な事情になってますが、もしかしたら、オールスターに選ばれないことも事前にチーム側がキャッチして、本人に休みを与えて、気分転換させたのかも。

昨日、サボヤンがオールスター選出の知らせをチームメイトの前で発表される動画ありましたよね。モンクが、オールスターの文字が印字されたジャージーをプレゼントしてましたが、あの場にフォックスはいないようでした。

チーム側が気を遣ったのかもしれませんね。

 

前に、このブログでも書きましたが、どっちみち、このロード7連戦でフォックスを休ませる必要はありました。オールスター落選のタイミングを図って、休みを与えたんでしょう。あくまでも私の推測に過ぎませんが。

それと、マイクブラウンもいろいろ試したかったんじゃないですかね。前の試合あたりから、メトゥのスリーも解禁されてるみたいですし。同じ戦い方してては、すぐに研究されてしまいますから、これからリーグ終盤を迎えるにあたり、バージョンアップに努めているんでしょう。

 

これでロード7連戦は2勝2敗。

次はウエストでプレーオフ戦線のライバルとなるペリカンズ戦です。

実は今日のペイサーズはSEGABABA(セカンドナイトオブB2B)で、キングス有利だったはずなんですけど負けました。

今季のキングスって、意外と有利なはずのSEGABABA相手に勝ててないんですな。

今日を含めて2勝7敗とは情けない。トホホ…。

相手の足が止まるんだから、走り勝たんかい!

そのペリカンズさん、昨日も負けてついに10連敗。ザイオンがいない間に、しっかり勝っておきたいところです。

でもペイサーズの連敗も止めたし、ペリカンズの連敗も止めちゃうかも。

頼みますよ。勝つべきところを勝っておかないと。

GO Kings!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

フォックス残念 サボヤンはオールスターへ

日本時間の今朝9時、

オールスターのリザーブメンバーが発表されました!

 

我らがキングスからはサボヤンが選出。

注目のフォックスは選ばれませんでした😹

 

この動画は、オールスター選出がサボヤンに告げられたときです。

サボヤンは、これが3回目のオールスター選出です。

 

ちなみに1チームから2人選ばれたのは、

ネッツのKDとカイリー

熊さんのモラントとJJJ

セルツのテイタムとブラウン

バックスのヤニスとホリデー

 

なかなか常連さんクラスまたはプレーオフに近年出てるチームじゃないと、難しいのかな。

フォックスは、この鬱憤をプレーオフで晴らしてもらいましょう。

 

明日は因縁のペイサーズ戦。

ペイサーズは今日、LAの黄色と対戦して、111-112と惜しくも1点差で敗戦。残り5秒、ヒールドに託した逆転のシュートは入りませんでした。

これでペイサーズは4連敗。ここ12試合で11敗とドン底。ただハリバートンが11試合ぶりに復帰しましたからね。明日のキングス戦にも出てくるでしょう。

ハリバートンが不在の10試合は1勝9敗だったペイサーズですから、今日の試合を見ても、息を吹き返してきた感じはあります。

キングスにとって、ハリバートンは脅威、しかもフォックスは不在ですから厳しそう。好材料なのは、ペイサーズB2Bなことくらいか。

そうそう、ハリバートンもオールスター選出されたそうで。おめでとう。

来季こそ、フォックスもぜひオールスターへ!

GO Kings!

GOフォックス🦊!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

 

キングス スパーズに快勝

キングス119-109スパーズ

 

オールスターのロースター発表前の最後の試合で、フォックス&サボヤンが素晴らしい活躍。

これで29勝目を挙げ、昨季の勝利数30勝にリーチとなりました。

 

サボヤンは、シーズンハイの34得点、11リバウンド、4アシスト、2スティールという圧巻のスタッツ。

フォックスは、31得点、10アシスト、3スティール、特に4Qは10得点を挙げ、ディフェンスでも強さを見せるなど、こちらも堂々たる活躍ぶり。

オールスターの発表を前に、選ばれてもおかしくない、むしろ選ばないほうがおかしなくらいの、有無を言わせない活躍でした。

 

キングスの選手2人が同じ試合で、30得点以上、ダボーダボーを達成したのは、1967-68シーズンに、ジェリールーカスとオスカーロバートソンが達成して以来、実に55年ぶりとのこと。

 

今日のキングスは、スリーが8/27とダメダメでしたが、ペイント内の得点がシーズンハイの74得点と、支配しました。

 

4Q9:52に、マグダーモットのレイアップで89-88と一点差に迫られましたが、その後30-21と引き離しました。

特に99-94で迎えた4Q6:12〜4:53までのフォックスの4連続得点で、107-97。

これで試合を決めましたね。

 

確かにスパーズは、バッセルを怪我で欠き、トレジョーンズもソーハンも1Qで怪我して、途中離脱。ここ13試合で12敗目と、なかなか悲惨な状況でしたので、同情の余地はあります。

今のスパーズ見てると、昨季までのキングスを見てるようで、切なくなりますね。アリーナの観客数の少なさも目立ち始めてますし。

名将ポポビッチの表情も、心なしか、あまり覇気がありません。

栄枯盛衰のアメリカンプロスポーツの世界、97-98から18-19まで21シーズン連続でプレーオフ進出を果たした常勝軍団スパーズの衰退は悲しいものがありますね。

まあ、うちは16年間プレーオフ出てないですから、同情してる場合ではないですけど、そろそろうちの出番がようやく回ってきたということですな。

 

今朝入ったニュースを。

まずキーガンマレーがまたまたルーキーオブザマンスに選ばれました。

まあ、当然ちゃ当然ですけどね。

今季の新人王レースはバンケロとマレーに絞られた感じですね。

マレーの1月のスリー最高数48は、NBAの歴史において、ルーキー最多記録らしいです。

2000-01シーズン以降で、キングスの選手で2ヶ月連続でルーキーオブザマンスに選ばれたのはマレーが4人目。タイリークエバンス、アイザイアトーマス、ハリバートンに次いでだそうです。

全然余談ですけど、バンケロのお母さんって、昔、WNBAサクラメントモナークスでプレーしてたそうです。なので、サクラメントのお客さんは熱狂的だよ、って聞かされてたそうですよ。

 

そして、新しいニュース。

明日のペイサーズ戦、フォックスは個人的な理由で欠場するそうです。

まあ、フォックスには休みほしいなと思ってたので、ちょうど良い機会かもしれません。

ミッチェルに頑張ってもらいましょ。

そのペイサーズは、ここ11試合で10敗。

順位も10位まで落ちてます。ハリバートンは膝と肘の怪我で出られるかどうか分からない状態。ハリバートンとの対戦が見られないのは残念ですが、ここはしっかり勝ちましょう。

GO Kings!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

キングス ウルブズに雪辱

キングス118-111ウルブズ(OT)

 

ウルブズとの連戦。

疑惑の判定でオーバータイムに持ち込まれましたが、ライルズの活躍もあり、何とかウルブズに雪辱できました。

同じ相手に連敗したくなかったですからね。

勝ててよかったです。

この辺りのバウンスバックできるところが、今季の躍進の理由の一つでしょう。

 

試合を振り返りますと、

前回の反省からか、1Qはディフェンスを頑張ってました。しかし、オフェンスも酷く、お互い点が取れないロースコアな展開。

1Q半分経とうというのに8-6という展開でした。

1Qは24-17。スリーは0/7と一本も入りませんでした。前半は結局スリーが1/12と壊滅的な状況でしたね。

特にハーターは絶不調。FG1/7、3P0/5の3得点。今季最低得点に終わり、しまいには、3Q途中でベンチに引っ込められ、最後まで出番ありませんでした。

 

ただ、代わりに出たTDが頑張ってくれましたね。61-68と7点ビハインドの3Q6:17に登場。

離されそうな展開の中、貴重な2つのスリーを決めて、何とか離されずに済みました。

3Qは一時10点差まで離されましたが、78-81の3点差で終了。

4Q早々にキングスが逆転しますが、その後は一進一退の展開に。

 

103-99と4点リードの4Q残り51.7秒でサボヤンがファウルアウト。絶体絶命のピンチ。

サボヤンは、なかなかゴベールのファウルを取ってくれないので、テクニカル取られたりと、かなりイライラしてましたね。前回の試合もそうでしたが、ゴベールのファウルはいくつか見逃されがちです。

 

そして、もう逃げ切るしかないキングスは、103-100とリードして迎えた残り13.5秒。

ここで、問題のプレーが。

誰がどう見てもトラベリングでしょう。

ケイティも、

アブソリュートリー!トラベリング!

(絶対にトラベリング)

と断言してました。

当たり前ですが、こんな素人でもわかるトラベリングを見過ごすとは、NBAのレフリーはかなり問題アリですね。先日のセルツと黄色の試合でも問題になってましたけど。

 

追いつかれたキングスは、残り12.8秒のポゼッションで、フォックスにゲームウイナーを託しますが、惜しくもリムに嫌われ、オーバータイムへ。

 

サボヤン退場で開き直ったのか、マイクブラウンは、ライルズを5番で起用するスモールラインナップに移行。

結果的にこれが、ゴベールを外におびきだすことになり、功を奏するんですね。

 

これも中がガラ空き😀

 

ライルズは、FG4/6、3P1/2の11得点。

出場時間16:23のうち、12分近くが4QとOTでの出場、11得点中8得点がOTということで、まさに救世主となりました。

 

それにしてもよく勝てましたよね。

スリーは入らないわ、サボヤンはファウルアウトするわ、ハーターは不調やし、トラベリングは見逃されるし、フォックスのゲームウイナーも入らん。

これだけの要素がありながら、勝ちを拾うところが今季のキングスの違うところですね。

ヘッドコーチの力がやはり大きいのかな。

ペイント内の得点も68-50。

セカンドチャンスの得点は16-12。

リバウンドも50-49と頑張ったんちゃいますか。

 

これでキングスは28勝目。

昨シーズンの30勝に近づきました。去年、28勝目を挙げたのが、77試合目の3月30日。今季はそれよりも28試合も早いですからね。

エストの3位はキープしましたが、10位のジャズとは3.5ゲーム差しかありません。

キングスより上にしたペリカンズが8連敗で、一気に8位まで転落するなど、一寸先は闇、いつどうなるか分からない戦国時代の様相を呈してます。

 

今回のロード7連戦、ミネソタとのB2Bは1勝1敗のスタート。これは十分評価に値します。むしろ素晴らしい。

この後はウエスト14位、6連敗中のスパーズ。

イースト11位、ここ10試合で1勝と不振のペイサーズ

8連敗中のペリカンズに、ウエスト最下位のロケッツとのB2B

残り5試合は全部勝ててもおかしくありません。チャンスです。ロードの疲労蓄積で、フォックスやサボヤンなど主力選手を休ませないといけない試合もあるかもしれませんが、うまくやりくりして頑張ってほしいですね。

ロード残り5試合は、最低でも3勝2敗でお願いします。

 

そしてもう一つ。嬉しいニュース。

キーガンマレーが、オールスターのライジングスターチームに選出。

まあ、当然ですけどね、

 

これでオールスターは、スリーポイントコンテストにもハーターが出るし、あとはフォックスとサボヤン待ちかな。

楽しみなオールスターになりそうです。

果報は寝て待つぞー。

GO Kings!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

 

キングス ロード初戦 ウルブズに敗れる

キングス110-117ウルブズ

 

ロード7連戦の初戦。

3Qの出来が響いて負けました。

今季6回目の連敗です。

ウルブズホームでは、最近8試合で1勝7敗。

分が悪いなあ。

 

 

前回のラプターズ戦の不甲斐ない戦いからのバウンスバックを期待してたんですが、今日のダメでしたね。特に3Q。

もう分析するのも、あんまり気が乗らないので、代わりにキングスファンの声をお伝えしますわ。

 

・負けたけど、次は勝てよ

・ウルブズのDが良かった。特に3Q。

・サボヤンとフォックスに休息を与えよ。多分、ロケッツ戦くらいで。

・ゴベアはファウルアウトしてたはず。少なくともサボニスの頭をひっぱ叩いた2つのファウルが取られてない。

・モンクはもっとボールに触ったほうがいい

・メトゥのプレータイムをもっと増やせ

・オクパラはもういいんじゃね?

・ナズリードを獲れ

・フォックスは4Qは良かったが、試合の大半は消えてた

・このロード、3勝4敗でオッケ

 

試合後の会見で、マイクブラウンも、守れなかったことを敗因に挙げていました。

うちは、シクサーズラプターズ、ウルブズ、バックス、キャブスのようなビッグマン擁するチームとやると、ウイングと控えセンターのdepthの薄さがモロに出ますよね。

 

今季ここまではプレーオフを狙える位置につけてます。

ただ、見方を変えれば、ホームで、5割以下のチームとの対戦が多かったのも事実。

ウルブズ、ペリカンズ、マブス、サンズ、ナゲッツといった中西部のチームとは、まだ15試合も残ってて、ほとんどがロード。

残り34試合のうち20試合もロード。

プレーオフまでの道のりはなかなか厳しいですね。

 

マクネアーGMは、弱点となっているウイングとセンターの控えを取るために、WIN NOWのトレードに動くのでしょうか?

それともこのままのロースターで行くのか。

見逃せませんね。

そういう意味でも、このロード7連戦の結果は大事です。その初戦を落としたのも痛いなぁ。

明後日、雪辱してくれれば、まだ希望は持てるけど。

GO Kings!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村